屋外広告 ビルの側面、空中など、使用場所はいろいろ (4)

勉強のイメージ

 販促手法の種類-新規顧客向け・媒体活用型10

屋外広告 ビルの側面、空中など、使用場所はいろいろ (4)

 

 

屋外広告の主なものをご紹介します。

3月4日掲載分の続きです。

 

 

 5)のぼり

 旗ざおなどに取り付け、歩道上や、電柱、街灯柱に掲出するものです。

 

 飲食店、不動産、小売店、自動車関連の業種で、

 顧客を呼び込むための必須アイテムとしてロードサイドでよく使われます。

  た、イベントやキャンペーンを盛り上げる場合にも適しています。

 

 交換がしやすいので、季節ごとにサービスの内容、新しいメニューなどを

 ローテーションし、効果的にアピールすることができます。

 小型のサイズであれば、店内に設置して、

 POPに近い役割をもたせることもできます。

 

 (6)野立看板

 鉄道、道路の沿線に掲出する広告板で、

 それだけで独立した看板となっています。

 建物と離れた場所でも効果を発揮します。

 

 懸垂幕と同様、「一時的なお知らせ」として建物などに

 立て掛けて使うものを「立看板」といいますが、

 その性格から「捨て看板」とも呼ばれます。

 

 

 

※『この1冊ですべてわかる 販促手法の基本』

 (岩本俊幸著/日本実業出版社) より抜粋

 http://amzn.to/fyiah5

 

 

関連記事

  1. 勉強のイメージ

    顧客情報の収集方法(2)

  2. 勉強のイメージ

    米満和彦氏インタビュー Part5

  3. 勉強のイメージ

    販促手法の種類-カタログ

  4. 勉強のイメージ

    寺院広報アンケート調査-その1

  5. 勉強のイメージ

    「JAGAT大会2011」スピーカー参加

  6. 勉強のイメージ

    均一価格【松竹梅】

アーカイブ