CASE STUDY

株式会社 中島大祥堂様

業種:菓子製造業
ブランドリニューアル

100年以上の歴史をもつ、大阪のギフト菓子メーカー。販売チャネルは直接の販売先である問屋から小売りへというBtoBtoCの形態であり、消費者とのコミュニケーションは限定されていた。事業拡大と収益力向上のため、経営理念と整合するブランドのコンセプトとビジュアルを確立し、差別化できるブランド・イメージの形成が急務となっていた。

まず、リニューアル対象の事業領域で展開されていたブランドの整理に取り組み、2つあったブランドを統廃合することに。1個のブランドを廃止、1個はその性格を変えて存続、さらに1個のブランドを新設。新設したブランド「ひととえ」は主として「特別な日のギフト」と位置づけ、存続させる既存ブランド「ダンケ」は普段使いのパーソナルギフトとして住み分けを図った。

各ブランドのコンセプト(=ブランド・アイデンティティ)を設定し、ネーミング、ロゴマーク、ブランド・ストーリー(コピー)等を制作し、WEBサイトもデザイン。ブランドを社内に浸透させるため、研修などの取り組み(=インターナルブランディング)も行った。
また、経営理念のリニューアルも支援し、コーポレート・ロゴも新たに制作した。その後順調に売上・利益を伸ばしている。

萃 SUI 諏訪湖様

業種:温泉旅館
ブランドリニューアル

「上諏訪温泉しんゆ」様(以下「しんゆ」と言う)のオーナーが会社全体の安定化のため、「しんゆ」とは異なる高価格帯の温泉旅館を作ろうと考えた。新たな温泉旅館においては「しんゆ」同様の諏訪湖前という立地を活かしながらも、ターゲットや価格帯を変えた新しいブランドの構築が求められた。

「ゆったりできる高級旅館が無い」という顧客のニーズを捉え、全室に露天風呂を備えた高級温泉旅館を目指す。ブランド・アイデンティティを「大切な人と集う、私に還る諏訪の露天湯宿」に設定。

萃(すい)は「あつまる」「あつまり」の意味があり、草が成長して青々と生い茂っている状態を表す。中国の古典「易経」所収の六十四卦の一つ「沢地萃(たくちすい)」に基づく名前。お客様が大切な方とともにこの旅館に集まってもらいたい、お客様にとっての「沢」のような存在でありたい、という願いが込められている。

加えて、ブランド体験シナリオの設計、ロゴマーク、イメージカラー、WEBサイトなどのデザインやコピーライティングを行った。

広告宣伝費を使わずに増収増益を達成し、客単価は年間平均45,000円と好調。レオンや婦人画報などの有名雑誌で4~5ページにわたって紹介された。

SUI事例イメージSUI事例イメージSUI事例イメージSUI事例イメージ

上諏訪温泉しんゆ様

業種:温泉旅館
ブランドリニューアル

長野県の諏訪湖の畔にある温泉旅館。オーナーが稼働率3割以下の老舗旅館を買い取り、温泉旅館の「癒し」ブランディング戦略を試みる。

コンセプトを『神秘性(非日常)と癒し、そしてシンプルな美をイメージして頂ける空間および、それを実感してもらうサービス』とし、ブランド・アイデンティティ「神秘なる諏訪湖に心癒される宿」に設定。

施設改装コストを抑え、コンセプトに沿った情緒的価値を訴求し、ブランド要素、ブランド体験から、スタッフの教育まで、一貫したブランディングを行う。

【ブランディングの成果】
リニューアルオープン半年後から、6年後の現在も9割の稼働率を維持している。