阪本啓一ひとり会

management

DSC04872.JPG

昨日は、「阪本啓一ひとり会」に行ってきた。

車で行ったが、混むといけなので、かなり余裕を持って出かけた。

そしたら、1時間くらい早く着いてしまったので、
港の見える丘公園で、1人でぼ~っとしていた。

おかげで、とってものんびりできた。
 

DSC04875.JPG

「阪本啓一ひとり会」は、県立神奈川文学会で開かれた。
港の見える丘公園にある。

「阪本啓一ひとり会」の内容は、
次の大きく3つのテーマを扱い。

1.お金と商売
2.人と組織
3.自由と可能性。

前半は、阪本さんのお話し、
後半は、参加者からの質問に答えるという形式だ。

私も3つも質問してしまった。

最も印象に残ったのが、2つめのテーマ「人と組織」の
ところで話していた「業(ごう)の肯定」だ。

DSC04871.JPG
 

阪本さんいわく、

「人間は弱いものです。下半身の誘惑にも弱い(笑)。
朝は遅刻したいし、できれば仕事したくない。これが業というもの。
そういう、自分のもっている業というものを
まずは自分が受け入れる。
とはいえ、好き勝手やっていいということではありません。
仕事の向こう側すべてにお客様があります。
だからわがままはできないのです。」

言語化するとこれだけでになってしまうが、
実際は、もっと奥が深い話だ。

その辺は、ぬかりなく質問させていただいた。(苦笑)

 

関連記事

  1. management

    日本WEBデザイナーズ協会

  2. management

    第1回「お江戸百年塾2014」

  3. management

    お盆モードのなかのフルスロットル

  4. management

    社員との個人面談 Part2

  5. management

    イズ・アソシエイツ創業20周年

  6. management

    年頭挨拶内容 ※かなり長文です

アーカイブ