移転先のオーナーに会う

management

昨日、今年9月に移転する候補の事務所ビルの
オーナーに会ってきた。
このオーナーの年齢は60代。数社の会社を経営をされている。
今までの経験から、ビルのオーナーとは、
たいてい鼻が高く、謙虚さがなかったように思えたので、
今回もそれなりに予想と覚悟をしていた。
でも、良い意味で期待を裏切ることとなった。


どういうことかと言うと、
このオーナーは、とても謙虚だったのである。
そして、とてもテナント想いなのである。
移転先の候補となっているビルは、
おせいじにもきれいとはいえない。
なにせ、私の年齢に近いぐらいの築年数の
古いビルだからだ。
でも、気になるのは、ビルの外観くらいで、
・エントランスがとてもきれい。
・内装もきれいに施されている。
・OAフロアにもなっている。
・電気も大幅な工事をしていて充分確保できる。
・耐震補強は10年前に数千万かけて実施しているので安心。
というように、メンテナンスがしっかりしていて、
思ったより良いところが多い。
大抵のビルのオーナーは、
一度貸したら、後はテナントに耳を傾けない。
だが、ここのオーナーは違う。
今まで、常にテナントに声をかけ、耳を傾け、
様々な改善をしてきたのである。
気になるビルの外観についてだが、
弊社は店舗商売ではないので、
あまり外観に気持ちを左右される必要はないと思う。
もし、気持ちが左右されるとしたら、
社員へのモチベーションと、私自身の見栄だ。
でも、前述のように内装はしっかりとなされているので、
社員のモチベーションに悪く影響することはないかと思う。
そうなると、私自身の見栄くらいなものだ。
見栄は禁物。経営者に陥りやすい落とし穴。
この2~3ヵ月、いろいろと悩んできたけれど…
「物件探し」参照↓
http://blog.is-assoc.co.jp/toshi/2008/05/post_112.html
このオーナーにお世話になりたいと心から思った。
それくらい素敵な経営者であり、思いやりのある人。
事務所を決めるのに、
これほどまでオーナーの人柄が影響したのは今回が初めて。
もう迷わない、このビルに移転しよう。
何か久しぶりに清々しい気分になった。
※ようやく移転先が決まりました。浜松町駅から徒歩5分のところです。
お客様、関係者様、近いうちに正式にご案内します。

関連記事

  1. management

    【メール障害のお知らせ】

  2. management

    パタゴニア日本支社社長の講演を聴講

  3. management

    社員への自立指導の究極の方法?

  4. management

    あせり

  5. management

    チームブランディング

  6. management

    移転後-その4

アーカイブ