顧客情報を活用する手順 Part1

勉強のイメージ

 販促手法の種類~既存顧客向け・媒体活用型2

顧客情報を活用する手順 Part1

 

必要な顧客情報を精査したあとは、

集めた顧客情報を整理し、活用していきます。

その手順は次のとおりです。

 

 (1) メニュー開発、売れ筋商品を明確にするためなど、

       自店の商品・サービスの構成を整理する。

 

 (2) 販売促進に有効と思われる項目など、顧客関係方針に対応して

       選定した項目をグループ化する

 

 (3) 上の(2)のグループの顧客を、成人、結婚などのライフステージ別に

       細分化する

 

 (4) 上の(3)で細分化した顧客層のライフスタイルに応じて、

       具体的な販売促進策を計画する

 

 (5) 上の(1)から(4)の手順を踏み、定期的な生活提案を中心とする

       情報提供に活用する

 

 

※『この1冊ですべてわかる 販促手法の基本』

 (岩本俊幸著/日本実業出版社) より抜粋

 http://amzn.to/fyiah5

 

 

 

関連記事

  1. 勉強のイメージ

    商業界2009年10月号執筆

  2. 勉強のイメージ

    キャンペーンアイデアの種類-Part2【低価格訴求型】

  3. 勉強のイメージ

    米満和彦氏インタビュー

  4. 勉強のイメージ

    セミナー 6月21日分満席御礼

  5. 勉強のイメージ

    クリエイティブ・ブリーフ-Part1

  6. 勉強のイメージ

    「販促特別レポート」新作UP

アーカイブ