早稲田大学にて講義に参加

勉強のイメージ

ある縁から
シニアマーケティング研究会の講義に
参加できる機会が持てた。
先日、私と営業の柴田の2人で受講しに行ったのだが、
大学で講義を受けたことがない我々は、
それだけでも新しい体験。
とてもワクワクしていた。


2人は講義が行われる教室を事前に調べもせずに
とにかく早稲田大学の正門から入った。
だが、教室はまったくの反対側。
構内の端から端まで歩くこととなった。
しかし早稲田大学は広い、
東京の一駅分くらい歩くような距離であった。
やっとたどりついた教室には、
30名以上の受講生が集まっていた。
年齢は20代から60歳くらいの方まで、
とても幅広い参加者のようだ。
今回のシニアマーケティング研究会の講義内容は、
JTB広報室長の辻野啓一さんから
「JTBにおけるシニアマーケットへの多様な取り組み」
と題してお話をいただいた。
以下、お話しいただいた主な内容の概要である。
1、年代別旅行形態の違い
2、始まりは年金旅行
3、横浜熟年海外旅行センター/グランドツアー
4、ロングステイプラザ
5、クルーズ人気
6、旺盛な向学心
(1)シニアサマーカレッジ
(2)熟年留学
(3)カルチャーサロン
夜7時から始まった講義は、
お世辞にもわかりやすい内容とは言えないが、
とてもたくさんの学びを得れた。
最近、思うことがある。
わかりやすければ良いというのではなく、
体験談として事実を正確に伝えていただける講義は
とてもありがたい。
偏見がなく、受講者側の力量が試されるからだ。
いずれにしても、この知識を知恵に変えるのは、
我々なのだから…
1時間の講義後、
質問の時間というか、討議の場となった。
参加者は、熱心な大手企業のマーケッターばかり、
大学で講義を受けたことがない我々は、
それだけでも新しい体験だったが、
参加者の質問レベルと討議内容にとても刺激を受けた。
この2時間で多くのことを学んだが、
私にとって、特に印象に残ったことを
少し具体的に、明日にでも書き残したいと思う。

関連記事

  1. 勉強のイメージ

    AIDMA(アイドマ)の法則

  2. 勉強のイメージ

    効果が上がる行事案内の作り方-Part2

  3. 勉強のイメージ

    クーポン

  4. 勉強のイメージ

    「販売促進」と「販促補助金」と「会員制ビジネス」

  5. 勉強のイメージ

    シュワルツコフセミナー(東京)

  6. 勉強のイメージ

    シンクタンクからの執筆依頼 Part2

アーカイブ