店販キャンペーンコンテスト

koukoku

DSC00583.JPG DSC00584.JPG

ヘンケルジャパン株式会社 シュワルツコフ・プロフェッショナルで
実施している店販キャンペーンコンテストが今年も行われた。
昨年に引き続き2回目となるが、
今回も審査を依頼されている。


審査員として呼ばれているのが
女性モード社で月刊誌「美容の経営プラン」編集長の
安武氏と私の2人。
最優秀賞1店、優秀賞1店、審査員賞2店の合計4店分を
選ぶために審査する。
まだ、シュワルツコフからの公式発表の前なので、
審査結果についての具体的な内容は、
ここでは触れられない。
せめて今回の審査基準についてだけでも、
お伝えしておこうと思う。
■Attention (お客様の注意を惹きつける/商品の存在を知ってもらう)
1.お客様に、商品のセールスポイントをアピールできているか?
2.ディスプレイ全体の色のコーディネイトはできているか?
3.照明方法は適切か?
■Interest (商品に興味を持ってもらう)
4.商品のブランドはアピールできているか?
5.POP等オリジナルのあるディスプレイになっているか?
6.お客様に、手に取って試してみようと思わせることができるか?
■Desire (商品を購入したいと思ってもらう)
7.お客様に、機能がわかりやすく見えるようになっているか?
8.商品の使いこなし方がわかるか?
■Memory (確かに有益な商品だと記憶してもらう)
9.お客様に、生活提案が感じられるか?
(いつ、どのようなシーンで使用する商品なのか?)
■Action (商品を購入していただく)
10. 総合的に、1~3のビジュアル面を訴求する側面と、
4~9の機能面を訴求する側面とのメリハリある
ディスプレイになっているか?
このように、消費者行動理論であるAIDMA(アイドマ)、
に準じて、審査基準が設定されている。
美容室だけでなく
他業界の店販用のディスプレイ、POPなどの
チェック用としても活用できるのではないだろうか…。
ぜひ、あなたのお店でも、
上記審査基準を参考に一度チェックしてみては
いかがでしょうか?

関連記事

  1. koukoku

    商業界「販売促進の教科書」取材報告Part4

  2. koukoku

    寺院広報について執筆

  3. koukoku

    コンサルタント養成講座ゲスト講師

  4. koukoku

    MBCコンサルティング主催セミナー(ダブルヘッター)

  5. koukoku

    商業界主催 アメリカ小売業視察セミナー

  6. koukoku

    23才の事業家

アーカイブ