ブランド名言集 Vol.105

ブランディングのアイキャッチ画像

13307385_1217268891646582_5679225018110720231_n.jpg 

☆『ブランド名言集』では、ブランディングやマーケティングに関する

 書籍の中から、印象的な言葉をご紹介していきます。

 

ブランド名言集を(財)ブランド・マネージャー認定協会

フェイスブックページで毎週連載しています。

https://www.facebook.com/brandmanagers

 

 【 ブランド名言集 Vol.105 】

■「親しみ」よりも「自己主張」

多くのマーケッターはイメージ広告を作る場合、

消費者に「親しみやすさ」を訴えかけます。

一人でも多くの消費者に、自分のブランドを手に取ってほしいからです。

しかし、そうした広告は八方美人になってしまい、あまり成功した例はありません。

成功しているブランドの広告は、一部のユーザーに嫌われる覚悟で

「自己主張」をしています。

ブランドにとって大切なロイヤル・ユーザーを捕まえられるイメージ広告とは、

「親しみやすさ」ではなく「自己主張」を行っている広告です。

広告キャンペーンを行う際の事前調査で、

「好きでも嫌いでもない」という答えが多い広告は、

ブランドの主張が弱いことを意味しています。

逆に「すごく好き」と「すごく嫌い」のふたつにはっきり分かれる広告のほうが、

実際にはよい結果を出しています。

 

出典:『THE BRAND BIBLE マーケッター編』 水野 与志朗 著

Amazon → http://goo.gl/7XmBNX

※『THE BRAND BIBLE トップマネジメント編』との2冊セットとなります。

 

関連記事

  1. ブランディングのアイキャッチ画像

    長野県茅野市へ出張

  2. ブランディングのアイキャッチ画像

    「これぞ鶏肉!」のブランディング Part4

  3. ブランディングのアイキャッチ画像

    [宝島社]細腕敏腕マーケッターのインタビュー記事第2弾UP

  4. ブランディングのアイキャッチ画像

    MBAエッセンス講座-その5

  5. ブランディングのアイキャッチ画像

    [宝島社]細腕敏腕マーケッターにインタビュー

  6. ブランディングのアイキャッチ画像

    印刷業がブランディングを取り組むための9つのポイント

アーカイブ