販促手法の種類-Eメール

勉強のイメージ

 販促手法の種類-既存顧客向け・媒体活用型7

(1) Eメール 手軽なアプローチだからこそ配慮すべきこと2

 

 Eメールでのアプローチで最も気をつけなければならないのは、

 顧客にEメール配信への許可(パーミッション)を得ることです。

 これは、最低限の条件です。また、許可を得ていたとしても

 安易に活用すると、既存顧客から信頼を落としかねません。

 

 既存顧客との信頼関係を継続するためにも、

 次のような点に配慮する必要があります。

 

 ポイント(1)

 送信先は自社に関心をもつ人に絞り、そうでない人への配信は控える。

 

 基本的には、ホームページ上で登録された人、または店舗などで

 許可を得てメールアドレスを記載された人に送る。

 たとえば、名刺交換をした人などには、

 できればその時点で、メールを送る旨を伝えておくといい

 

 ポイント(2)

 継続して送信する場合は、相手の了承を得ておく

 

 名刺交換をした人などには、

 「このメールは、名刺交換していただいた方にお送りしています。

 今後、このようなお知らせが不要な方、配信先の変更など

 をご希望の方は、○○○」といった文面をメール内に入れておく。

 配信時ごとに相手の了承を得ておかなければならない

 

 ポイント(3)

 役に立つ情報やゲーム的要素を入れるなど、受信者にとって喜ばれる

 内容に工夫する

 

 ニュースレターと同じように、専門家の立場からのアドバイスや

 お役立ち情報を入れることや、イベントなどの情報を中心に入れ、

 売り込みはできるだけ少なくする

 

 

 

※『この1冊ですべてわかる 販促手法の基本』

 (岩本俊幸著/日本実業出版社) より抜粋

 http://amzn.to/fyiah5

 

関連記事

  1. 勉強のイメージ

    販促手法の種類-販売時点直接型5  制度手法

  2. 勉強のイメージ

    屋外広告 ビルの側面、空中など、使用場所はいろいろ (3)

  3. 勉強のイメージ

    住宅不動産業向け「集まる!&決まる!当たる販売促進」セミナー

  4. 勉強のイメージ

    イベントを活用した販売促進策〈住宅不動産業編〉

  5. 勉強のイメージ

    『販売促進スペシャル』マンスリーゼミナールのご案内

  6. 勉強のイメージ

    約4ヵ月ぶりに[広告表現術]のセミナーを開催します。

アーカイブ