顧客のライフステージを把握できることが重要 Part2

勉強のイメージ

 販促手法の種類-既存顧客向け・媒体活用型2

顧客のライフステージを把握できることが重要 Part2

 

 効果的に成果を上げるためには、顧客のライフステージを把握

 できる情報を的確に集める必要があります。また、収集するだけでなく、

 費用対効果的に活用できなければ意味がありません。

 顧客情報の項目も多ければいいというわけではありません。

 

 代表的な顧客情報の項目をまとめたのが下記の表となります。

 情報を活用するためには、コストや労力の無駄にならないように

 必要な範囲で当てはまる項目を選ぶことが大切です。

 

 下記の表には、業種や商品・サービスによっては、

 必要のない情報もあります。

 

 たとえば、勤務先情報は、一般的な小売店などには必要ないでしょう。

 そのような必要のない情報まで集めると、無駄に労力がかかり、

 効率性の面でマイナスです。

 

 ■顧客情報の代表例

 

 【本人情報】:氏名、住所、電話、メールアドレス、年齢、性別、職業、学歴、

 未婚or既婚、家族構成、生年月日、趣味、購読雑誌、購読新聞、

 生活習慣、住居形態、身長、体重、3サイズ(バスト、ウエスト、ヒップ)

 年収、クレジットカードの種類

 

 【勤務先情報】:社名、業種、職種、役職、所在地、電話

 

 【商品・サービスの購入履歴情報】:購入日、品名、個数、単価、

 金額、商品の特徴

 

 【家庭の記念日情報】:結婚記念日、新築記念日

 

 【住居情報】:築年数、立地、建築規制等、建築規模、構造、間取り

 

 【家族情報】:氏名、年齢、性別、本人との関係、同居or別居、誕生日、

 職業、趣味

 

※『この1冊ですべてわかる 販促手法の基本』

 (岩本俊幸著/日本実業出版社) より抜粋

 http://amzn.to/fyiah5

 

関連記事

  1. 勉強のイメージ

    販促手法の種類- 折込チラシ (1)チラシの特性を考える Part2

  2. 勉強のイメージ

    制度手法-Part1【ポイント制度】

  3. 勉強のイメージ

    PROM Fes. フォトレポート Part1

  4. セミナーのイメージ

    売れる広告作りのバイブルついに完成!!

  5. 勉強のイメージ

    バンドワゴン効果

  6. 勉強のイメージ

    PROM Fes 情報 Part2

アーカイブ