顧客情報の収集方法(2)

勉強のイメージ

 販促手法の種類-既存顧客向け・媒体活用型1

顧客情報の収集方法(2)
 
前回に引き続き顧客情報の収集方法を見ていきましょう。
 
(2)会員アンケート
 顧客を組織化した会員に、定期的にアンケートを送り、
 企業側への意見や希望、期待を含めて必要な情報を入手する
 方法です。
 会報誌にアンケートを挿入し返信してもらう方法が一般的です。
 インターネットを活用して、電話、メール、ホームページ上で
 アンケートに答えてもらう方法もあります。
 
(3)観察メモ
 接客中の顧客の関心の示し方、性別、年代、購入した商品・サービス
 などについて、販売スタッフが顧客に気づかれないようにするメモする
 方法です。大手チェーン店では、専門のスタッフがいる場合もあります。
 「覆面調査」などで外部に依頼することも少なくありません。
 
(4)ヒアリング
 顧客に直接、お店や商品、サービスについて質問する方法です。
 アンケートシートと併用して行なうことが多いです。
 たとえば、家電や家具の量販店では、顧客が商品を選択し、
 引き渡すまでの間、販売員が許可を得たうえでさりげなく質問します。
 
 
※『この1冊ですべてわかる 販促手法の基本』
 (岩本俊幸著/日本実業出版社) より抜粋
 
 

関連記事

  1. 勉強のイメージ

    したたかなインナーアプローチ

  2. 勉強のイメージ

    クチコミを活用したマーケティング戦略

  3. 勉強のイメージ

    いよいよ!! 受講お申込み開始!!

  4. 勉強のイメージ

    寺院向け機関誌の寄稿

  5. 勉強のイメージ

    ブランドのために働く…

  6. 勉強のイメージ

    浜銀総合研究所の初イブニングセミナーにて登壇

アーカイブ