販促手法の種類- 屋外広告 (その1)

勉強のイメージ

 販促手法の種類-新規顧客向け・媒体活用型10

屋外広告 ビルの側面、空中など、使用場所はいろいろ 1

 

屋外広告は、街を通行する歩行者やドライバーなど、

 対象者を問わない幅広い層にアピールするための広告媒体です。

 

 この媒体の特性は、長期間に設置する場合はもちろん、

 短期間に集中して設置する場合でも、一定期間の継続的な露出で、

 商品・サービスの訴求ポイントを繰り返し、アピールできるという点です。

 

 訴求する商品・サービスの内容によって、アピールする対象地域を選択し、

 より多くの人の目に触れる機会をつくらなければなりません。

 

 代表的な種類として、ネオンサイン、ビルボード、突き出し看板、懸垂幕、

 のぼり、野立看板、ポスターボード、アドバルーン、LEDボード、

 大型ビジョンなどが挙げられます。

 

 このブログにて、次回から主なものを説明していきます。

 

 

※『この1冊ですべてわかる 販促手法の基本』

 (岩本俊幸著/日本実業出版社) より抜粋

 http://amzn.to/fyiah5

 

関連記事

  1. 勉強のイメージ

    百五経済研究所主催セミナー

  2. 勉強のイメージ

    PROM Fes 情報 Part2

  3. 勉強のイメージ

    効果が上がる行事案内の作り方-Part4

  4. 勉強のイメージ

    販促手法の種類- フリーペーパー

  5. 勉強のイメージ

    チラシ作りセミナー Part2

  6. 勉強のイメージ

    キャンペーンアイデアの種類-Part5 【その他】

アーカイブ