販促手法の種類- 交通広告 (その3)

勉強のイメージ

 販促手法の種類-新規顧客向け・媒体活用型9

交通広告 メディアミックス媒体として利用機会が増加3

 

前回に引き続き、交通広告について今回もお伝えします。

 

 タクシー広告は、従来からのエリアマーケティング的な活用を含め、

 「アウト・オブ・ホームメディア」(OOHM)として、

 広告効果が大きく注目されています。

 

 アウト・オブ・ホームメディアとは、家の外で接触する媒体の

 総称で、日本では主に交通広告(社内・駅構内・車両ラッピング広告など)と

 屋外広告を併せたメディアを指します。

 

 特に交通広告は、街の移動者の広告に対する認識を

 確実にとらえる媒体として、マス媒体とのメディアミックス媒体として

 利用される機会が増えてきています。

 

 また、交通広告の規制緩和が進んだことにより。車体に広告を

 ペイントした「ラッピングバス」や1編成の車内すべての媒体を1社で独占し、

 1つの商品・サービスの広告を展開する

 「トレインジャック(またはメディアジャック)」も

 多くみられるようになりました。

 

 車両という閉じられた空間で、同じ商品・サービスを繰り返し目にする

 知名度の促進にその効果が期待できるでしょう。

 

 

※『この1冊ですべてわかる 販促手法の基本』

 (岩本俊幸著/日本実業出版社) より抜粋

 http://amzn.to/fyiah5

 

関連記事

  1. 勉強のイメージ

    SEDプロフェッショナル養成講座をまもなく開講!

  2. 勉強のイメージ

    阪本啓一氏 VS 佐藤昌弘氏

  3. 勉強のイメージ

    「ホンキにさせる販促術」まもなく創刊

  4. 勉強のイメージ

    「PROM Fes.」 講師陣の最終発表!!

  5. 勉強のイメージ

    ホンキの販促.com サイトリニューアル

  6. 勉強のイメージ

    オープン懸賞

アーカイブ