ブロガーアプローチ-その1

koukoku

今月末に発行する『販売促進スペシャル』第13号で
ご案内する内容をこのブログで一足先にご紹介します。
情報レター『販売促進スペシャル』
http://www.kotei-p.jp/promotion/index.html
以前にもこのブログで一部紹介したことですが…
http://www.koukoku-ya.jp/blog/2006/09/post-17.php
その手法を参考に、展開したプロモーション事例をご紹介します。
一昨年の夏に公開したアニメ版
「時をかける少女」をご存知でしょうか?


実写版の「時をかける少女」であれば、
今から25年前(1983年)に
主演の原田知世が歌う映画の主題歌もヒットしたので、
私と同世代以上の人は、懐かしく思われるかもしれません。(笑)
このアニメ版「時をかける少女」は、
2006年7月15日の公開時、公開館数は全国で6館。
東京地区では新宿のミニシアターの1館だけ。
だが2週目以降の観客動員数が尻上りに増え、
8月末には池袋、渋谷へと東京地区だけでも3館に拡大。
その後、全国60館での拡大公開が決まり、
一昨年7月から翌年の4月のDVD発売まで
約9ヵ月の公開が続く異例のロングランとなる。
監督である細田守氏はアニメファンには有名でも一般には無名。
声優も無名なのですが、キャラクターに合う若手を起用した。
この映画のプロモーションは
とても少ない予算で実施され、
同時期の「ゲド戦記」と比べたら、
ほんのわずかなものであった。
では、このような低予算のプロモーションにもかかわらず、
これだけヒットしたのは、
いったい何があったというのでしょうか?
続く↓
http://www.koukoku-ya.jp/blog/2008/08/post-156.php

関連記事

  1. koukoku

    第2回 商業界チラシ大賞

  2. koukoku

    クライアントとの約束

  3. koukoku

    レスポンス広告研修(住宅業界版) at 福岡-Part3

  4. koukoku

    「商業界第1回チラシ大賞」結果発表!

  5. koukoku

    あるエステサロンの広告表現の勝ちパターン

  6. koukoku

    JAGAT『レスポンス広告実践塾』まもなく開催

アーカイブ