家族麻雀(マージャン)

日常のコメントアイキャッチ画像

今年、娘は大学受験、息子は高校受験。
こんな大切な時期にもかかわらず、
わが家では、毎週日曜日の夜、家族麻雀(マージャン)をしている。
週に一回、2~3時間程度、
半荘(ハンチャン)を1~2回というところだが、
今年の4月から始めているので、
もうかれこれ半年近くになる。
こんな大切な時期だからこそ、
家族のコミュニケーションの場として、
こういうことも大切だと私は本気で思っている。


ルールについては、嫁さんは以前から知っていたが、
娘、息子は、この4月から覚え始めた。
二人は自分達で、麻雀のルール本を熟読しているようだが、
今では二人とも「符数」の計算方法すらわかる。
(麻雀の知らない人には、
なんのことだがさっぱりわからなくてすみません。
麻雀は、けっこう計算方法が複雑だということです。)
二人ともルールを覚えるのは好きみたいだ。
そんななか、先週の日曜日のこと。
驚くべきことが起きた。
息子が、役満で上がったのである。
四暗刻(スーアンコー)である。
しかも、東一局。いきなりであった。
息子はかなり興奮してたみたいで、
その後、しばらく鼻息が荒かった。
それもそのはず、
私は学生のころから数え切れないほど麻雀をやっているが、
今までで、役満を上がったのは、過去3回だけ。
なかでも、四暗刻(スーアンコー)では、
たったの1回である。
それをルールを覚え始めてから、
半年もたたないうちに実現したということは、
とてつもない強運の持ち主かもしれない。
半年の後に受験をひかえている息子にとって、
運を麻雀で使い果たさなければ良いのだが….。

関連記事

  1. 日常のコメントアイキャッチ画像

    蓼科出張-その2

  2. 日常のコメントアイキャッチ画像

    孔雀

  3. 日常のコメントアイキャッチ画像

    東京オペラシティからの眺め

  4. 日常のコメントアイキャッチ画像

    フォトリーディングフォーキッズ

  5. 日常のコメントアイキャッチ画像

    広島県福山市滞在ーPart2

  6. 日常のコメントアイキャッチ画像

    イズ・アソシエイツのサイトを少しだけリニューアル

アーカイブ