歴史上「ブランド」が着目されたのは危機の時代!?

management

先日、「ブランド戦略論」著者で、日本のブランド論第一人者の
田中洋先生に、次のような問いかけをさせていただきました。

「100年に一度とも言われている大変革時代に、
 ブランド戦略論を学ぶ意義とは何ですか?」

田中先生のお話しを私なりに一部要約しますと・・・。

世界大恐慌は、1929年10月24日に
ニューヨーク証券取引所での株価暴落をきっかけに起き、
1933年に一旦底を打ちますが、
その後、1940年頃まで景気後退が続きました。

このような大恐慌の真っただ中である1931年に世界で初めて、
米国のP&Gにおいて、ブランド・マネージャー制度が発足しました。

商品が売れなくなってきた時代だからこそ、
ブランドを単位として捉え、その単位で、
マーケティング、マネジメント、PLなどを管理し、
ブランド単位で責任と権限をブランド・マネージャーに持たせました。

このように、世界で初めてブランド・マネージャー制度が導入された時期が、
約100年前の大恐慌における世界的な危機の時代に起きたことは、
経営、マーケティング領域においてエポックメイキングな出来事だったと言えるでしょう。

また、IBMは1990年代に経営危機に陥りましたが、
今一度ブランドを強く意識し、考え直した時期でもありました。

このように、危機の時代は、「自分は何物なのか?」
ということを改めて問い直す、ブランドを考え直す契機となるようです。

このような、コメントをいただきました。

今回のコロナショックは、約100年前の世界大恐慌時のように
株価が暴落しているわけではありませんが、
世界的な経済危機が起きるであろうということでは、
同様のインパクトがあるでしょう。

「自分は何物なのか?」

「自社の本質的な価値は何か?」

といった問いを自身に投げかけ、ブランド価値について
改めて向き合う時期なのかもしれません。

さて、このような問いの答えを探り、ブランド価値を見出すための
相応しい環境である講座をご案内します。

その講座とは、ブランディングに実践の『型』を取り入れた日本で最初の専門機関である
ブランド・マネージャー認定協会が提供する「ベーシックコース」です。

学習プロセスの全てを自宅で受講可能となるオンライン講座として用意しています。

「自分は何物なのか?」「自社の本質的な価値は何か?」といった問いに向き合い、
実践で役に立つブランド構築法の基本を習得できるように設計されています。

詳しくは、こちら↓をご覧ください。

ベーシックコース オンライン講座
https://www.brand-mgr.org/online_basic01/

関連記事

  1. ブランディングのアイキャッチ画像

    『さぬき市土産物開発プロジェクト』WEBサイト公開

  2. ブランディングのアイキャッチ画像

    ブランド名言集 Vol.89

  3. ブランディングのアイキャッチ画像

    ブランド名言集 Vol.118

  4. ブランディングのアイキャッチ画像

    ブランド名言集 Vol.2

  5. ブランディングのアイキャッチ画像

    【NEWoMan】ってもう行かれましたか?

  6. ブランディングのアイキャッチ画像

    女子アナウンサーイメージ調査

アーカイブ