温泉旅館のチームブランディング研修-Part2

ブランディングのアイキャッチ画像

CIMG1024.JPG

ブランド構築のお手伝いをしている
ある温泉旅館が、先月初旬より
チームブランディング(※)研修を導入している。

温泉旅館のブランディングは、
ブランド・アイデンティティの一貫性がおもてなしを中心に
スタッフの行動レベルまで浸透して、はじめてスタートラインに立てる。

いわゆるブランドの価値観を現場のスタッフと共有して
使える形に落とし込むということだ。

チームブランディング研修は全5回にわたり開催され、
先週で最終回を迎えた。私も一部同席させてもらている。

最終的には、ブランドステートメントの一部である
推奨規定・禁止規定が完成し、その活用方法までが練られた。

最後の感想で研修参加者の女性が
「1つのことについて、こんなにみんなとたくさん話したことがなかった。」と
涙ぐんでいたのに、思わず私ももらい泣きしてしまった。

これからがこの温泉旅館の本当のブランドの始まり。

スタッフのみなさん方で、ぜひ大きく育ててもらいたい。心から応援している。

 

CIMG1027.JPG

研修トレーナーは(財)ブランド・マネージャー認定協会の
優秀なトレーナーであり、実践者の島田良氏に務めてもらったが、
緻密なカリキュラムの設計、深い人間理解から成り立つファシリテーションなど、
最高の場を提供していた。

本当に素晴らしいトレーナーだと、つくづく感心する。

※「チームブランディング」は、
 株式会社インバウンドコンサルタンツにて商標登録申請中。

「チームブランディング」とは、
自社の経営戦略に基づく「ブランディング」を、事業に直接的、
間接的に携わる人たちと、共に築きあげることで、
同時にチームワークも醸成することのできるプロセス。
「ブランディング」とは、企業が持つ「こう思われたい=ブランド・アイデンティティー」と、
お客様が持つ「こう思う=ブランド・イメージ」を一致させることを意味する。
「チームブランディング」では、答えを与えるのではなく、
グループワークを通して、自分達の頭で考え、意見を交換することで、
「自社の価値観」や「他者(お客様、スタッフ)の価値観」を深く理解し、
「自らの価値観」との共通点を発見することを大切にしている。
それが「自分ごと」として、主体的に「ブランド・アイデンティティー」に即した行動ができる、
人材の育成、チームの育成につながる。

 

関連記事

  1. ブランディングのアイキャッチ画像

    ブランド・マネージャー認定協会 -その4

  2. ブランディングのアイキャッチ画像

    『フルグラがチャレンジするカルビーの朝食革命』 (前篇)

  3. ブランディングのアイキャッチ画像

    BM認定協会 第11期ベーシックコースを終えて

  4. ブランディングのアイキャッチ画像

    ブランド・マネージャー認定協会「ブラッシュアップセミナー」

  5. ブランディングのアイキャッチ画像

    BM認定協会 アドバンスコース Part2

  6. ブランディングのアイキャッチ画像

    『メディアに引っ張りだこの「サルベージ・パーティ」のブランディング』(…

アーカイブ