【備忘録】社会性 & 経済性

management

私は、株式会社イズアソシエイツと一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会の
両方の代表を務め、経営しているなかで、はっと気づかされたことがありました。

鎌倉投信様からのメルマガを一部引用させていただきつつ、備忘録的に以下に記載します。

・社会性を謳う会社がふえてきているが、それ自体はよいことだが、
 一方で、実際に社会的インパクトを与えている、
 といえるほど事業化できている会社は稀である。
 むしろ、全体的には経営面で課題を抱えているケースが多いと感じる。

・社会性を経済性を両立させるには下記の3要素が前提である
 一、社会性(経営理念)を実現するために、経済性を重視している。
 二、モノづくり(モノ自体の質、生産技術、生産管理)へのこだわりの強さ。
 三、それら全てを統合する経営力の強さ。

・社会性を前面に出しすぎるとコミュニティが閉じてしまい、拡がらない。
 社会性の大切さを知ってもらうことは必要だが、大衆化するには
 社会性を伝えることへのこだわりが強すぎてもいけない。

・先の三要素は社会的な事業であるなしにかかわらず、
 企業等の組織を持続させる上で必要な要素である。
 二宮尊徳のいう「道徳なき経済は罪悪であり 経済なき道徳は寝言である」を思い起こす。

関連記事

  1. management

    自身の機械化計画 -その1

  2. management

    お江戸百年塾 【人が輝き組織が育つ!】

  3. management

    ソリューションフォーカス コラボセミナー

  4. management

    物件内覧

  5. management

    喧嘩上等のカメラ店、アジアで商売の伝道師になる

  6. management

    大手企業との商談

アーカイブ