販促手法の種類-ダイレクトメール(DM)

勉強のイメージ

 販促手法の種類-既存顧客向け・媒体活用型4

ダイレクトメール(DM) 受け手を安心させる、反応率を高めるためのコツ
 
DMの上手な活用事例
 
 ダイレクトメール(DM)は、ハガキや封書を直接郵送する方法です。
 個人に直接アプローチできる広告の一つですが、次のような利点があります。
 
 (1)特定の相手に的を絞って、効率的アプローチができる
 (2)定期化することで、顧客との関係を深めることができる
 (3)反応に対する効果測定がしやすい
 
 DMも広告の一つですから、警戒心を強める人も少なくありません。
 見せ方や送り方を間違えると、反応がまったく得られない場合もあります。
 
 少しでも反応率を高めるためには、受け手を安心させる必要があります。
 その工夫のポイントは次のとおりです。
 
 ・いかがわしい感じを与えないように注意する
 ・DMを送った理由をはっきりと示す
 ・特典を設けるなど、受け手に優越感を与える
 ・名前やサイン、添え書きなどで親近感を感じてもらえるようにする
 
 
※『この1冊ですべてわかる 販促手法の基本』
 (岩本俊幸著/日本実業出版社) より抜粋
 
 

関連記事

  1. 勉強のイメージ

    月刊商業界 2011年1月号

  2. 勉強のイメージ

    【追加公演11/7】 『販売促進スペシャル』ベーシックセミナー

  3. 勉強のイメージ

    メッセージ開発-ラダリングとは?

  4. 勉強のイメージ

    長野佐久商工会講演オファー

  5. 勉強のイメージ

    キャンペーンアイデア

  6. 勉強のイメージ

    販促手法の種類- 交通広告 (その3)

アーカイブ