顧客情報を活用する手順 Part2

勉強のイメージ

 販促手法の種類-既存顧客向け・媒体活用型2

客情報を活用する手順 Part2

 

 温泉ホテルにおける顧客情報の活用方法について、解説します。

 

 まず、今後の販売促進活動につなげていくために必要な項目が氏名、

 住所、電話、メールアドレスであることは、いうまでもありません。

 

 年齢、性別を加えた基本項目とともに、

 誕生日や家庭の記念日を販売促進につなげることを想定して、

 生年月日、結婚記念日といった情報も押さえておく必要があります。

 

 温泉ホテルの場合、今後のメニュープランを検討するためには

 家庭情報が必要になります。

 この情報は、紹介促進に活用することもできます。

 さらに商品・サービスの購入履歴情報として、

 来館頻度、時期、選択したメニュープランなどを、

 今後の顧客関係方針のために把握しておく必要があります。

 

 そのうえで、今後どのようなメニュープランを提案するのかという

 検討材料として、結婚や出産、そして子どもの年齢に応じて、

 データベースなどを活用しながら情報を細分化、整理します。

 

 細分化された情報をもとに、たとえば、小さい子どもをもつ母親には、

 「赤ちゃんと安心して温泉旅行を楽しむ宿泊スタイル」の

 メニュープランをを提供するというように、具体的な販促策を展開します。

 

※『この1冊ですべてわかる 販促手法の基本』

 (岩本俊幸著/日本実業出版社) より抜粋

 http://amzn.to/fyiah5

 

関連記事

  1. 勉強のイメージ

    販促手法の種類-Eメール

  2. 勉強のイメージ

    接客系アプローチ【5】領収書の活用

  3. 勉強のイメージ

    イベントを活用した販売促進策〈住宅不動産業編〉

  4. 勉強のイメージ

    『あなたにもできる』 寺院広報~実践編~その3

  5. 勉強のイメージ

    飲食店のクーポン付き広告事例

  6. 勉強のイメージ

    潜在顧客の発掘

アーカイブ