顧客のライフステージを把握できることが重要 Part3

勉強のイメージ

 販促手法の種類-既存顧客向け・媒体活用型2

顧客のライフステージを把握できることが重要 Part3

 

■顧客情報の項目は次を勘案して選ぶといいでしょう。

 

 (1)ターゲット層を定義する項目

 年齢、性別、職業などの基本項目などがこれに当たります。

 

 (2)取扱商品・サービスの特性をアピールするために必要な項目

 たとえば、リフォーム会社では家族構成、築年数の項目が必要と

 なりますし、エステサロンでは体重、3サイズ、生活習慣の項目が

 必要となるでしょう。

 

 (3)販売促進に有効と思われる項目

 レストランや飲食店では、家庭の記念日情報をもとに、今後の

 販売促進に活用することもできます。家族への紹介促進を狙う場合は、

 家族情報が必要になることもあるでしょう。

 

 また、販売促進に必須な項目として、

 商品・サービスの購入履歴情報があります。

 

関連記事

  1. 勉強のイメージ

    販促手法の種類- 交通広告 (その1)

  2. 勉強のイメージ

    サイト更新

  3. 勉強のイメージ

    日本印刷技術協会(JAGAT)主催の研修-Part2

  4. 勉強のイメージ

    「日本の飲食業界を元気にするプロジェクト」のご紹介

  5. 勉強のイメージ

    [広告表現術] セミナー 来年初回開催分の受付中!

  6. 勉強のイメージ

    ベーシックセミナー 大阪

アーカイブ