屋外広告 ビルの側面、空中など、使用場所はいろいろ (5)

勉強のイメージ

販促手法の種類-新規顧客向け・媒体活用型10

屋外広告 ビルの側面、空中など、使用場所はいろいろ (5)

 

 

屋外広告の主なものをご紹介します。3月12日掲載分の続きです。

 

 

(7)ポスターボード

 1つの絵柄を分割し、部分ごとにポスターを印刷して、

 それらを貼り合わせて掲出する大型の広告板です。

 

 屋外広告として、イベントの宣伝・告知のほか、

 商品・サービスの販売促進、交通安全運動の啓蒙などで

 幅広く使われます。

 

 基本的にポスターは、お店の中で販促イベントを

 知らせるための掲示物として使われます。

 

 最近では、屋外でも耐性の強い素材やインクの技術が進化し、

 長期間キレイに掲示できるようになっています。

 

 

 (8)アドバルーン

 広告を吊り下げて空中に掲げる係留型の気球です。

 係留型の気球の浮力により、

 気球自体を20~50メートル程度の高さに掲げて使用します。

 

 たとえば、横1メートル、高さ10メートル程度のバナー(横断幕)に

 文字を配置した広告を、屋外の不特定多数の人々に、

 店舗やイベントの場所の目印とともに空中から標示します。

 

 意外にも、アドバルーンは日本発祥の広告手法です。

 1913年に化粧品会社が使用したのが最初とされています。

 

 屋外用として、主に郊外の低階層の店舗や、

 イベント会場、展示会場などで利用されています。

 

 また、屋内の展示場、見本市会場、イベント会議、

 大型ショッピングセンターなどでは、室内装飾としても用いられています。

 

 最近は、話題性を高めるために、自動車や魚、

 企業のキャラクターの形をしただけの、

 宣伝文のない変形気球も見られます。

 

 

※『この1冊ですべてわかる 販促手法の基本』

 (岩本俊幸著/日本実業出版社) より抜粋

 http://amzn.to/fyiah5

 

 

関連記事

  1. 勉強のイメージ

    レスポンス広告のストーリー要素-AUMFA (アウムファ)とは?

  2. 勉強のイメージ

    素敵な仲間たち -その1

  3. 勉強のイメージ

    全脳を使って販促活動を思考する

  4. 勉強のイメージ

    試用体験手法

  5. 勉強のイメージ

    制度手法-Part5【保証制度(4)】 期間延長の保証

  6. 勉強のイメージ

    店舗ビジネスに特化した販売促進セミナー

アーカイブ