各種割引制度

勉強のイメージ

販促手法の種類-販売時点直接型2
価格訴求手法 (3) 各種割引制度

以前紹介した価格訴求手法の1つである「クーポン」は、
ある特定の商品に対して、一律にターゲットに発行される
割引券のことだったが、
今回紹介する各種割引制度は、さまざまな条件によって、
値引きの対象となる手法のことだ。

その条件とは、時間割引、期間割引、記念割引、仲間割引、年齢割引、
天候割引、大量購入割引などがある。

この手法は、新規客の獲得はもとより、
割引方法によっては、家族や友人などの紹介客を増やすこと、
そして、既存客のリピート化にもつながる顧客の囲い込みに有効である。

注意するポイントとして、価格訴求手法の1つである
「キャッシュバック」と同様に、割引分の費用がかかり、
一度度始めると、顧客が期待しているため途中で中止した場合の
影響が大きくなりやすいことがある。

このことからも、コスト面を十分に配慮して、
実施する必要があるだろう。

※『この1冊ですべてわかる 販促手法の基本』
 (岩本俊幸著/日本実業出版社) より抜粋
 
http://amzn.to/fyiah5

 

関連記事

  1. 勉強のイメージ

    HRIレポート Part2

  2. 勉強のイメージ

    販促手法の種類- 折込チラシ (2)お客様の感情を呼び起こすためのチラ…

  3. 勉強のイメージ

    販促手法の種類-販売時点直接型5  制度手法

  4. 勉強のイメージ

    リードナーチャリング。ホットリードづくりに必要なことは?

  5. 勉強のイメージ

    黒川伊保子氏登場

  6. 勉強のイメージ

    プロダクト・ライフサイクル

アーカイブ