ゾンビとの戦い

koukoku

先日、クライアントでもある北海道の葬儀社の専務(社長の息子)が来社した。

素晴らしい戦略とマーケティングを実施してきたこともあり、
斎場を立ててから5年でシェアを10%から50%に伸ばした。

だが、この数年は、そこからシェアをどうしても伸ばせない。

その理由は、JA(農協)がバックについている葬儀社が
最も競合になっているからだ。

どうやら相手は、マーケティングの表面的な部分は全てマネをしてくる。

でも、それが習慣化しており、全く悪気がないようだ。

また、いくらでも値段を下げてくる。

相手は、赤字を垂れ流しているので、
普通なら徹底するはずだが、でも潰れない。

なぜなら、税金でまかなうことができるから…。

専務いわく「まるでゾンビと戦っているようだ!」とのこと。

 

どのようなことかと言うと、財務的には完全に破綻しているが、
実際はつぶれない。

何度でも生き返ってくる。

このままでは、泥沼にはまってしまう。

マーケティングや戦略だけでは、解決できないところまで来ている。

それでも、マーケティングや戦略をしたたかに考えていかなければ、
逆にこちらがシェアを奪われ、いずれ淘汰されてしまう可能性すらある。

旅館・ホテル業など、他の業界でも、
このような問題はあるようだ。

 

関連記事

  1. koukoku

    オファーの仮説検証

  2. koukoku

    23才の事業家

  3. koukoku

    京王線のとある駅で

  4. koukoku

    稼げる広告クリエイ​ター、販促コンサルタ​ントになるためには?

  5. koukoku

    美容室の新規出店

  6. koukoku

    長野県佐久商工会議所にて講演-Part3

アーカイブ