田崎真也プロデュース 懐石料理店『T(ティー)』

日常のコメントアイキャッチ画像

100x100_square_4352128.jpg

本日、クライアントさんと
標高26メートルの愛宕山の階段を上った
愛宕神社境内にある懐石料理店に行ってきた。

夜7時頃だったので、神社の境内は暗かったが、
お店に行く前に、お賽銭入れてお参りもしてきた。

お店はあまり広くないが、神社の境内にあるということもあり、
情緒があって、外人さんが喜びそうな店だなぁと思った。

なによりも興味深かったのが、このお店のコンセプト。

東京都産の食材のみを使った創作和食と、
東京都産の飲み物のみを、東京で初めて電波を発信した
愛宕山の頂上で提案するお店。

確かに愛宕山の上には、今は「NHK放送博物館」になっているが、
大正14年に日本でラジオの第一声が流れたところ。

 

メニューを見てみると、
「武蔵野産」「立川産」「八王子産」をはじめ、「伊豆七島産」など、
東京産の黒毛和牛、豚、地鶏、調味料が揃えられている。

また、ビール、焼酎、日本酒など全て東京産だ。

生まれも育ちも東京の私にとって、
ちょっとうれしい気分になった。

田崎真也プロデュースということらしいが、
ワインはそれほどセレクトされていないので、
そのこと自体に期待をすると、ギャップがあるかもしれない。

気になったのは、すきま風が入ってきて寒かったことだ。
用心のため、膝掛けを3枚も重ねてしまった。

今度来るときは、冬以外の季節に来ようと思う。

近くに東京タワーや増上寺もあるので、
ちょっとした東京見学のついでに寄るのも良いかもしれない。

田崎真也プロデュース 懐石料理店『T(ティー)』
http://r.gnavi.co.jp/e081401/

 

関連記事

  1. 日常のコメントアイキャッチ画像

    ウォーキングなど 続編

  2. 日常のコメントアイキャッチ画像

    映画 『リリーのすべて』

  3. 日常のコメントアイキャッチ画像

    新宿御苑前 北海亭

  4. 日常のコメントアイキャッチ画像

    親父の個展が開催されます!

  5. 日常のコメントアイキャッチ画像

    封印したゴルフを解くのか? -その3

  6. ウォーキングなど 続編

アーカイブ