資格がなくてもデキる人になる本当の理由

本

41jiqLn9l5L__SL500_AA300_.jpg

友人であり飲み仲間(?)の加藤洋一氏から
4冊目の書籍を献本いただいた。

資格がなくてもデキる人になる本当の理由』(フォレスト出版)

表紙からいきなり「資格商法にだまされるな!」という記載がある。

資格発行している協会の発起人でもある私ははっきりいって、
ドキッとした。

たしかに、資格を取得するだけで、
稼げたり成功するという保証はどこにもない。

あくまでも、ある一定の知識を得たことや、
トレーニングを積んだという証明を第三者が認めてくれただけである。

この書籍では「資格を取ること」を目的にしてはいけないということで、
資格そのものを否定しているわけではない。

むしろ自信をつけるためには、とても有効であり、
良い資格もそこそこあるということ。

 

良い資格制度の条件が以下の4点を満たしているということだ。
 

1.実践的な行動レベルに落とせる型がある
2.自分がどうなりたいかという、ビジョンに沿った知識習得ができる
3.解決思考で強みにフォーカスした講師が指導してくれる
4.高いエネルギーレベルを持ち、価値観を共有できる先輩、仲間と出会える

なるほど。

これらの条件は、無意識だったが目指していたように思う。

これからは、意識して考えていこうかと思った。

資格がなくてもデキる人になる本当の理由』(フォレスト出版)
http://amzn.to/Hz9eNf

 

関連記事

  1. 本

    お客様は神様か?

  2. 愛され続ける会社から学ぶ『応援ブランディング』

  3. 本

    新版 お客をつかむ ウェブ心理学

  4. 本

    商業界「販売促進の教科書」 出張校正

  5. 本

    コトラーのマーケティング・マネジメント -その2

  6. 本

    なぜリーダーは「失敗」を認められないのか―現実に向き合うための8の教訓…

アーカイブ