「心」が分かるとモノが売れる

エステー消臭力の広告クリエイティブで社会現象を起こしてきた
鹿毛さんの新刊「「心」が分かるとモノが売れる」を読みました。

「心のツボ」であるインサイトの発見方法、
インサイトから愛情を込めた優れたクリエイティブに昇華する方法、
さらには、「心」のマーケティングにより、
未曾有の危機を乗り切ってきた事例など、
心の理解によりビジネスの突破口を見い出すヒントが満載。
オススメです。

戦略とクリエイティブの橋渡しとなるインサイトの話しとして、
多くの現場経験に基づいた説得力のある内容です!
鹿毛さんの新刊「「心」が分かるとモノが売れる

本日は、さらにインタビューにて深堀りさせていただきました。
著書にも書かれていないメッセージもたくさんあり、
そのなかには、見たくない自分と向き合うことに・・・。
厳しいメッセージですが、愛を感じます。
鹿毛さん、ありがとうございました。

7月下旬にスペシャルインタビュー(https://www.brand-mgr.org/interview/)にて、
記事として掲載します。お楽しみに。
ちゃんと言語化できるか心配ですが・・・ (汗)

鹿毛さんには、2014年にもインタビューしています。
<志>なきフレームワークに意味はない
https://bit.ly/3fKvCb2

フレームワークを売りにしているブランド・マネージャー認定協会にとって、
当時、とても厳しいメッセージだなぁと思っていましたが、
当協会の活動を見ていただき、今回、認めていただいてとてもうれしかったです。

それにしても、当時から鹿毛さんは、
「企業のブランディングはまずお客様を思う気持ち、心が大切」
とのこと、ぶれてないなぁ~と、改めて感心した次第です。

関連記事

  1. 本

    月刊商業界11月号エッセイ掲載

  2. セミナーのイメージ

    第19回 東京ビジネス書出版会議のお知らせ

  3. 本

    土井英司さんの『ビジネスブックマラソン』にて書評掲載

  4. 本

    「商業界」にて上諏訪温泉「しんゆ」ブランディング事例掲載

  5. 本

    トップセールスが絶対言わない営業の言葉

  6. 本

    「商業界第3回チラシ・DM大賞」結果発表!

アーカイブ