販促手法の種類-カタログ

勉強のイメージ

 販促手法の種類-既存顧客向け・媒体活用型6

(1) カタログ 単なる説明に終わらなければ、販促ツールになる

 

「掲載内容」「仕様形態」で分けられる

 

 カタログは、販売促進に欠かせない重要アイテムの一つです。

 商品の特性や機能、スペックなどの基本情報を的確に説明するためのものです。

 また、顧客のライフスタイルの提案をすることもできます。

 

 提案型カタログとして、構成内容、見せ方、

 そして商品の特性を具体的なイメージが喚起でき、

 購買決定の動機付けにつながる内容になれば、

 効果的な販売促進ツールとしての役割を果たすでしょう

 

 ■カタログの種類

 

<掲載内容別>

 

・総合カタログ

 会社やお店が取り扱っている商品・サービスの全体、もしくはある分野

 の商品を総合的に品揃えしたカタログ。単品カタログと比較した最大の

 メリットは、商品選定が可能であること

 

・単品カタログ

 1商品、1サービスについての詳細を説明するカタログ。総合カタログと

 比較すると、商品・サービスの詳細スペックをはじめ、使い方の

 説明や、使用シーンの提案など数多く掲載できるメリットがある

 

・関連カタログ

 メイン商品を中心に関連商品も掲載したカタログ。

 ライフスタイルの提案などによって、“ついで買い”を促進するメリットがある

 

※『この1冊ですべてわかる 販促手法の基本』

 (岩本俊幸著/日本実業出版社) より抜粋

 http://amzn.to/fyiah5

 

関連記事

  1. 勉強のイメージ

    レスポンスデバイス

  2. 勉強のイメージ

    SEDブリーフ

  3. 勉強のイメージ

    JAGATセミナー報告

  4. 勉強のイメージ

    女性市場の攻略方法

  5. 勉強のイメージ

    『レスポンス広告実践塾』(JAGAT主催) Part3

  6. 勉強のイメージ

    「ダイヤモンド・オンライン プラス マーケティング」無料レポート掲載

アーカイブ