販促手法の種類- 折込チラシ (5)矛盾や葛藤を解消するチラシ-2

勉強のイメージ

 販促手法の種類-新規顧客向け・媒体活用型1

折込チラシ (5)矛盾や葛藤を解消するチラシ-2

 

お客様がチラシに注目し、それに感情を喚起され、

 理解も深め、記憶に残ったとしても、

 「本当にこの商品、大丈夫?」と、何らかしらの矛盾や葛藤が働くもの。

 

 前回はこのような矛盾や葛藤を紙面上で解決し、

 「買う」というアクションにつなげるための工夫を

 一部紹介しました。

 

 今回は残り5つのうち3つの工夫を紹介します。

 

 (3)お客様の声の掲載

 「お客様の声」を数多く載せるに越したことはありませんが、

 チラシの誌面スペースにも限りがある。できるだけ見やすく、

 読みやすい工夫を凝らそう。

 

 たとえば、実際にお店を利用したお客様の笑顔だけでなく、

 個人情報保護法に抵触しない程度に、「○○市在住」「○○町在住」など、

 お客様のある程度の住所を記載する。

 

 お客様の許可を得られるのであれば、

 実名を載せることによって、よりリアル感が増す。

 

 (4)保証する

 商品・サービスについて、故障や不具合を起こしたときに

 長期保証ができるに越したことはありませんが、その保証書の

 実物を一緒に見せることも効果がある。

 

 また、返金保証を付けるという方法もある。

 

 (5)権威付けをする・・・資格・受賞歴

 レストランなら「ソムリエ」、葬儀社なら「お墓ディレクター」というように、

 何かしらの資格があればチラシに掲載しよう。

 

 次回は残り2つを紹介!お楽しみに。

 

 

※『この1冊ですべてわかる 販促手法の基本』

 (岩本俊幸著/日本実業出版社) より抜粋

 http://amzn.to/fyiah5

 

関連記事

  1. 勉強のイメージ

    ヘンケルジャパン シュワルツコフ主催 プロモーション戦略セミナー

  2. 勉強のイメージ

    販促メッセージ開発セミナーのご案内

  3. 勉強のイメージ

    寺院広報~実践編~ 執筆-その3

  4. 勉強のイメージ

    レスポンス広告の通信教育講座8月より開講

  5. 勉強のイメージ

    販促手法の種類-ポスティングが効果を上げる工夫(1)

  6. 勉強のイメージ

    一貫性の法則

アーカイブ