キャッシュバック

勉強のイメージ

 販促手法の種類-販売時点直接型2
 価格訴求手法 (2) キャッシュバック

 一般的なキャッシュバックの仕組みは次のとおり。

 対象となっている商品やサービスを購入した顧客が、
 保証書や領収書など、その商品の購入を証明するものを、
 メーカー、小売業、サービス業に送る。

 メーカー、小売業、サービス業はチケットやカードにより、
 顧客の購入費の一部を現金で直接払い戻すというもの。

 値引きは、販売価格を変更することですから、
 いったん価格を下げると元に戻すことが難しくなる。

 しかし、価格をそのままにして、
 一部の現金を戻すキャッシュバックであれば、
 価格政策への影響が少なく、比較的いつでも実施できるという
 メリットがある。

 たとえば、携帯電話会社や
 インターネットサービスプロバイダなどによる
 通信料に応じたポイントキャッシュバック、
 学習塾やスポーツクラブなどによる
 オフシーズンの入会金キャッシュバック、
 クレジットカード会社などによる金融商品販売での
 利用料金に合わせたギフト券キャッシュバックなどがある。

 

 キャッシュバックは、サービス自体の価値を
 下げることにならないので、ブランドイメージを大切にしている
 業種に向いた手法といえるだろう。

※『この1冊ですべてわかる 販促手法の基本』
 (岩本俊幸著/日本実業出版社) より抜粋
 
http://amzn.to/fyiah5

関連記事

  1. 勉強のイメージ

    『販売促進スペシャル』セミナー 残席僅か!

  2. 勉強のイメージ

    コピーライティングセミナーに参加

  3. 勉強のイメージ

    制度手法-Part4 【下取り制度】

  4. 勉強のイメージ

    「顧客情報」から「顧客リスト」へ(1)

  5. 勉強のイメージ

    「レディーバードクラブ」九州地区大会にて講演

  6. 勉強のイメージ

    販売促進スペシャルセミナー[基本編]3月開催分を終えて

アーカイブ