USP

勉強のイメージ

『USP』(Unique Selling Proposition)とは、
 あなたの会社、あなたのお店だけ(あるいは商品やサービスだけ)が持つ
 独自の強みのこと。

 他社(商品・サービスを含む)との差別化が主張できる強みでもある。

『USP』は、1960年代に伝説の広告マンとして知られた
 米国のロッサー・リーブスが提唱した考え方。

 マーケティング戦略の立案にあたっては、
『USP』、すなわち他社には無い独自の提案を見つけることが
 極めて重要とされている。

 そして、この『USP』の代表例として、広く知られているのがドミノピザだ。
 ドミノピザの『USP』は、次の通り。

「できたての熱々のピザを30分以内にお届けします。
  もし30分以内にお届けできなければ、代金を半額にします。」

 これは当時は、大変革新的なことであった。
 なぜなら、他のどの宅配ピザ店も、このようなことを謳って
 営業活動をしていなかったからだ。

 これにより、ドミノピザは宅配ピザ店の中で
 独自の地位を確立したのである。

 但し、『USP』には弱点もある。

 分かりやすいと、参入障壁が低くなり、真似されやすいということだ。

 事実、ドミノピザの場合も、すぐに似たようなサービスを他のピザ店も取り入れ、
『USP』としては弱くなってしまった。
 

関連記事

  1. 勉強のイメージ

    寺院広報~実践編~ 執筆-その7

  2. 勉強のイメージ

    販売促進スペシャルセミナー[広告表現術編]2011年2月開催分を終えて…

  3. 勉強のイメージ

    ポスティング

  4. 勉強のイメージ

    料金受取人払の承認番号取得の裏技

  5. 勉強のイメージ

    接客系アプローチ【5】領収書の活用

  6. セミナーのイメージ

    公益社団法人日本印刷技術協会サイトレポート

アーカイブ