書家からアーティストへ

本日、叔母の嶋田彩綜先生の個展を見に、COREDO日本橋に行ってきました。
叔母の書家としての活動を20年前に
数年にわたりお手伝いしていたこともありましたが、
当時は文字中心の作品でした。

ここ数年かなり進化していて、文字の域を越え、完全にアートでした。
ドイツやパリでも活動されていて、
日本人よりヨーロッパ人の方が感心が深いとのこと。

※活動内容は、以下よりご覧ください。

嶋田彩綜オフィシャルサイト
http://shimadasaiso.com/

今回の個展の各作品テーマは「宇宙」「愛」「平和」「心」「海」など、
抽象度が高く、ちょっと理解がついていけない部分もありましたが、
80代の叔母から、たくさんエネルギーをもらいました。

父親は実務家としての書家で、叔母は書家から進化したアーティスト。
親族に優れた書家が2人もいることは誇りです。

▲ 【大宇宙のまなざし】
小宇宙から中宇宙へそして大宇宙に向けて意識を集中した。
一気に何か大きなエネルギーに包まれ、完全に無の空間が生まれた。
絵具の分量も運筆も全て自分の意思は無く、
心地よく描いている自分を客観的に見ていた。

▲【海の原風景】
広く 深い 海 父の魂に逢いに行った。
「海、海、海 原風景への旅 広大無辺 深淵に臨み 祷りを捧ぐ」

▲【瞱の原風景】
太陽の花を観る。
「太陽の花 ぬくい、眩しい、きらびやかに 愛のさざなみ 突如燃え 進展 グアーンと」

関連記事

  1. 日常のコメントアイキャッチ画像

    プレス向け内覧会に参加

  2. 企業ブランディングとデジタルマーケティングで業績を支える

  3. 日常のコメントアイキャッチ画像

    親父の個展が開催されます!

  4. 日常のコメントアイキャッチ画像

    新宿御苑前 北海亭

  5. 日常のコメントアイキャッチ画像

    チャリティープロジェクト

  6. 日常のコメントアイキャッチ画像

    山梨県甲州市のお寺にて

アーカイブ