[宝島社]細腕敏腕マーケッターにインタビュー

ブランディングのアイキャッチ画像

先週、カンブリア宮殿で「売れる雑誌を創れ!宝島社の挑戦」に
出演していた宝島社の広報課長の桜田圭子さんに
一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会の代表理事として、
インタビューを試みた。

1時間弱しか時間を与えられていないが、
とにかく聞きたいことがいっぱいあったので、
時間ぎりぎりまでインタビューシナリオを考えた上で臨んだ
インタビューだ。

出版不況と言われるこの時代に、大手出版社を抜き去り、
ダントツの販売部数を誇る女性誌を作っているのが
他でもない社員200人足の中堅出版社「宝島社」。

その秘策は、毎号に付けるという徹底した“付録作戦”だけでなく、
「一番売れる雑誌を作れ!」をスローガンに、
次々と繰り出した新戦略がある。

この新戦略の内容自体はもちろんのこと、
これらの戦略が「社内でどのようにして築かれていくのか?」が
とくに聞きたいところだった。

今回インタビューをさせていただいた桜田圭子さんは、
広報課長だが、マーケッターとしても名高い。

今では、社内で定例になった「マーケティング会議」の
発案者であり推進者。
そして数々の新戦略を打ち立てていった立役者でもある。

広告代理店を経て、宝島社に転職された桜田さんは
入社1日目にして「この会社に転職してよかった」とのこと。

しかし、一方で、雑誌や書籍も発刊に、
これというマーケティング戦略がないことに驚き、
「こうすれば売れるんじゃないか」という強い気持ちを抱え、
宝島社だけに限らず、もっと出版界を元気にする術を学ぼうと
会社勤めをしながら大学院に通った。

ちなみに、その頃の睡眠時間は2~3時間。
しかも、それが「楽しかった!」と振り返るコメントに、
私自身驚きをかくせない。
想像をはるかに超えるポジティブビジネスマインド(?)の持ち主だ。

具体的な取り組みの内容などは、
一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会のサイト内の
「スペシャルインタビュー」にて
今年12月より3回にわたって公開する予定。
http://www.brand-mgr.org/

お楽しみに!

※ちなみに、こちらのインタビューの閲覧には、
メールマガジン購読の登録が必要です。
まだ登録していないという方はこれを機にぜひ
登録はこちらから→http://bit.ly/8DjZSr

今回インタビューをさせていただいた率直な感想だが、
桜田さんのマーケティング能力、マネジメント能力、
コミュニケーション能力、向学心、全てにおいて
素晴らしいものがあると深く感銘した。

この感覚はいったい何なのだろうと、
私なりに自問自答して考えていたが、答えが分かった。

一言で言うと、人間力がとても高いということ。
話しをていて、心がとても暖かくなった。

また、宝島社の文化・風土づくり、そして社長の決断力など、
見習うべきことがたくさんあり、本当に素晴らしいなぁと
私も経営者の1人として、がんばらなくてはと、改めて感じさせられた。

ぜひ、今回のインタビューの原稿が完成したら、
マーケッターやブランド・マネージャーはもとより、
多くの経営者、ビジネスパーソンにも読んでもらいたい。

関連記事

  1. ブランディングのアイキャッチ画像

    ブランド名言集 Vol.102

  2. ブランディングのアイキャッチ画像

    BM認定協会 第30期ベーシックコースを終えて

  3. ブランディングのアイキャッチ画像

    ブランド名言集 Vol.83

  4. ブランディングのアイキャッチ画像

    BM認定協会 第32期ベーシックコースを終えて

  5. ブランディングのアイキャッチ画像

    ブランド名言集 Vol.62

  6. ブランディングのアイキャッチ画像

    ヨリタ歯科スーパーサブリーダー新谷順子氏にインタビュー

アーカイブ