ブランディング

ブランディングのアイキャッチ画像

『ブランディング』とは何かを知る前に、
『ブランド』の定義を知っておく必要がある。

『ブランド』の定義は、各団体や人によってさまざまだが、
 ブランド・マネージャー認定協会(http://www.brand-mgr.org/)では、
 次のように定義している。
 
 「消費者が特定の商品やサービスを識別できているとき、
   その商品やサービス を『ブランド』と呼ぶ」

 そして『ブランディング』とは、
 
 「意図したブランド・イメージを消費者が抱くように、
   戦略的にアプローチしていくこと、
   またはそれらのアプローチを設計すること。」

 である。

『ブランディング』とは、
 単に『ブランド』の認知を図るだけではなく、
 製品の購買に繋がる消費者のニーズと連結する
 適切なブランドイメージを消費者に抱いてもらうことなのである。

 

 さて、今号からのコラムでは、
『ブランディング』をテーマに6回にわたって連載する。

『ブランド』『ブランディング』というと、
 大企業だけのもののようなイメージを持つ人が多いと思うが、
 実は中小企業や店舗などにとっても
 大変重要なものなのである。

 初回となる今回は、『ブランディング』の目的について
 触れてみた。

 ブランディング=「変えない」VS「飽きる」 VOL.1
 ブランディングの目的
 http://www.koukoku-ya.jp/column/

 

 ブランド・マネージャー認定協会主催による
 第1回公開シンポジウムを開催!

 ブランド・マネージメントの 【 型 × 実践 × 討論 】

「ブランディングの現場で起きている思考錯誤とは、
  いったいどのようなものなのか?」

 ↓詳しくはこちらから
 http://www.brand-mgr.org/symposium/

 

関連記事

  1. ブランディングのアイキャッチ画像

    「ブランド脳のススメ」の登録のススメ

  2. ブランディングのアイキャッチ画像

    日本理化学工業 大山社長インタビュー (前篇)

  3. ブランディングのアイキャッチ画像

    BM認定協会トレーナー試験

  4. ブランディングのアイキャッチ画像

    ブランディングコンテンツサイト「Meiku」の撮影

  5. ブランディングのアイキャッチ画像

    BM認定協会 第19期ベーシックコースを終えて

  6. 『覚悟』『夢』『持続可能』 粘り強いブランディング実践の数々

アーカイブ