コロナ禍と社会デザイン

ブランド・マネージャー認定協会の顧問を務めていただたいている
目白大学 社会学部 教授の長崎 秀俊先生は、
長年にわたり「パッケージのブランド再認の貢献」について
研究されていらっしゃいます。

その研究内容が2021年1月に出版された
コロナ禍と社会デザイン』(目白大学社会学部社会情報学科 編)の第9章にて
「店頭でブランド再認に貢献するパッケージ要因の研究」として記載されています。

詳しくは、以下をご覧ください。

確実に販売につなげるパッケージデザイン
https://note.com/toshi_iwamoto/n/nb8e0c581d59c

関連記事

  1. ブランディングのアイキャッチ画像

    営業職からブランド・マネージャーへ(後篇)

  2. 本

    ゲリラ・アドバタイジング

  3. 本

    本日発売! この1冊ですべてわか​る 販促手法の基本

  4. 本

    欲望解剖

  5. 本

    新しい「マイケル・ジャクソン」の教科書

  6. 本

    百五経済研究所発行-販売促進手法の冊子完成

アーカイブ