ブランド名言集 Vol.75

ブランディングのアイキャッチ画像

12112062_1064665593573580_3755930437666973517_n.jpg

 ☆『ブランド名言集』では、ブランディングやマーケティングに関する

 書籍の中から、印象的な言葉をご紹介していきます。

 

ブランド名言集を(財)ブランド・マネージャー認定協会

フェイスブックページで毎週連載しています。

https://www.facebook.com/brandmanagers

 

 【 ブランド名言集 Vol.75 】

■ブランドのロゴタイプは目にフイットするようにデザインすべきである。

ブランドのロゴタイプは、丸や楕円、正方形、長方形など

さまざまな形をしています。

ロゴは多くの場合、ブランドのシンボルである商標と、

独特な文字で表現されたブランド名の

組み合わせで作られています。

 

人間の目は、横に並んでついているので、

ロゴの理想的な形は横長型です。

大体の比率としては、幅2.25対高さ1の割合のロゴが

一番見やすいといわれています。

大切なのは、分かりやすさと読みやすさです。

読みやすさよりもブランド特性を表現するためのデザインに

重きを置くと、消費者が理解できなくなります。

また、視覚的なシンボルとしてのロゴの役割を、

過大評価しないでください。

 

例えばナイキの「スウッシュ」は、

今でこそ、それを見ればナイキとわかりますが、

消費者にそれを理解してもらうために

何年のも時間と何億ドルもの広告費をかけた結果なのです。

 

出典:『ブランディング22の法則』 アル・ライズ/ローラ・ライズ・共著

Amazon → http://goo.gl/z8JKUI

 

関連記事

  1. ブランディングのアイキャッチ画像

    ブランディングコンテンツサイト「Meiku」の撮影

  2. 業種のカテゴリーを変える(?) ブランディング実践の数々

  3. ブランディングのアイキャッチ画像

    鉄板焼き屋 【地元に愛されるためのポイント】

  4. ブランディングのアイキャッチ画像

    BM認定協会 第16期ベーシックコースを終えて

  5. ブランディングのアイキャッチ画像

    第6期 アドバンスコース Part2

  6. ブランディングのアイキャッチ画像

    さぬき”町おこし”プロジェクト Part2

アーカイブ