共感企業-ビジネス2.0のビジョン

本

41hvFy72tDL__SL500_AA300_.jpg

 日本でも有数の経営コンサルタントとして、
 ブランディング、マーケティングを中心に数々の書籍を
 出版されていらっしゃる阪本啓一先生の新刊
共感企業-ビジネス2.0のビジョン」が
 9月14日に出版された。

 ビジネスというと「儲かればいい」「手段は問わない」
「キレイごとではすまない」といった印象があるが、
 このようなメンタリティこそ、新しい生活者が嫌う企業姿勢。

 企業が生活者・顧客の顔を無理やり自分に向けようとする
 マーケティングも、もはや効力を失っている。

 阪本先生は、このような伝統的なビジネスのあり方を1.0とし、
 パージョンアップした新しいビジネスのあり方を2.0と呼んでいる。

 (ブランド・マネージャー認定協会のインタビューでも掲載。
  http://www.brand-mgr.org/interview/09.html)

 

 本書では、共感をベースにしてつながり合う経済社会
 リンクエコノミーの中で活動する企業の、
 ビジネス2.0的ブランディング、戦略、イノベーション、
 マネジメントを論じている。

 なかでも、「キリンフリー開発物語」で触れている
 イノベーションとコラボレーションの方法は、
 新しい商品開発のあり方として、学ぶべきところが多い。

 本書は、著者が2年がかりで取材、構想をまとめた
 渾身の1冊ともいえるもので、
 マーケティング、ブランディングに関わる人には、
 ぜひオススメしたい。
 
 詳細、ご購入はこちら  →   http://amzn.to/c9eAqe

 なお、本書「共感企業-ビジネス2.0のビジョン」の
 出版を契機に「10万人の共感ツアー」と題し、
 各地でツアーが開催されます。

 ◎共感ツアー開催日程
  http://bit.ly/aVnaQ6

 阪本先生には、現在、ブランド・マネージャー認定協会の理事を
 務めていただいており、
 一般財団法人化後は評議員としてご参画いただきます。
 よって協会でも、来年は、
 このツアーに絡めた阪本先生の講演を開催する予定です。

 そちらもお楽しみに。

 

関連記事

  1. 本

    「販促会議」2012年2月号寄稿

  2. 本

    書籍 『社長の掟』

  3. 本

    ある女性広告人の告白

  4. 本

    第3回東京ビジネス書出版会議報告

  5. 本

    「これからもあなたと働きたい」と言われる店長がしているシンプルな習慣

  6. 本

    日経新聞1面広告掲載

アーカイブ