「顧客情報」から「顧客リスト」へ(3)

勉強のイメージ

 販促手法の種類-既存顧客向け・媒体活用型1

「顧客情報」から「顧客リスト」へ(3)

 

販売促進を効率よく成功に導くには、

「ターゲット」を明確に設定することです。

顧客の階層も明確に設定する必要があります。

 「どの階層の顧客にアプローチするのか?」を見誤ると、

見当違いの販促活動に陥る可能性が高くなります。

 

 そこで重要になるのが「CRM」です。

 CRM(Customer Relationship Management)とは、

「顧客関係性管理」のことで、情報システムを応用して

企業が顧客と長期的な関係を築くための手法です。

 

CRMの構築により、詳細な顧客データベースをもとに、

商品の売買から保守サービス、問い合わせやクレームなどの対応など、

個々の顧客とすべてのやり取りを一貫して管理することで、

顧客との長期的でかつ良好な関係性が実現できます。

 

顧客ニーズにきめ細かく対応することで、

顧客の利便性と満足度を高め、

顧客を「常連客」として囲い込むことが可能になります。

 

CRMは、企業の収益率の最大化を図ることを目的としています。

 

そのためには、顧客のライフサイクルに合わせて、

継続的にコンタクトをとる必要があります。

入学や就職、結婚、家庭生活、老後など、

顧客のライフステージを区分したものに合わせて、

必要な情報や特典を提供していかなければなりません。

 

このためには、いうまでもなく、顧客情報をよく知ることです。

 

 

 

※『この1冊ですべてわかる 販促手法の基本』

 (岩本俊幸著/日本実業出版社) より抜粋

 http://amzn.to/fyiah5

 

 

関連記事

  1. 勉強のイメージ

    各種割引制度

  2. 勉強のイメージ

    ブランド規程書

  3. 勉強のイメージ

    「レディーバードクラブ」九州地区大会にて講演

  4. 勉強のイメージ

    岡本達彦氏にインタビュー

  5. 勉強のイメージ

    飲食店のクーポン付き広告事例

  6. 勉強のイメージ

    完売しました! 【チラシ広告厳選事例 徹底分析集】

アーカイブ