『すべてが見えてくる飛躍の法則  ビジネスは〈三人称〉で考える』

本

CIMG2165.JPG

石原明さんから書籍
『すべてが見えてくる飛躍の法則  ビジネスは〈三人称〉で考える』
献本をいただきました。

石原さんには以前、クライアントを
ご紹介いただいたりして大変お世話になった方です。

この本は「人称」について書かれています。

「客観的にものごとを捉える」「抽象度を上げる」
「引いて見る」「メタ認知」などといった思考の尺度は、
私も比較的いつも意識しているつもりでした。

ですが、この本では、それを一人称から八人称まで
以下のように整理されて詳しく書かれています。

凄いなぁって正直思いました。

一人称 自分目線(スペシャリスト、特殊技能者)
二人称 相手目線(現場スタッフ)
三人称 まわり目線(現場のリーダー)
四人称 マーケット目線(部門のリーダー)
五人称 業界目線(経営者)
六人称 業界のリーダー
七人称 業界、日本を代表するリーダー
八人称 神の領域、悟りに近い思考

(※とても簡単にここでは書いています。詳しくは書籍をご覧ください。)

五人称以上の思考で、つねにいたいものです。なかなかできませんが・・・。

 

「この決断は、5年後、10年後も正しいと言えるのか?」というように、
未来を見据えた判断、思考、対応をいかにして身につけたら良いのかを、
わかりやすく解説されています。

経営者やリーダーはもとより、
ビジネスにかかわるすべての人にとって役に立ちそうです。

オススメです!

『すべてが見えてくる飛躍の法則  ビジネスは〈三人称〉で考える』
http://p.tl/ibhz

石原さん。ありがとうございました。
 

関連記事

  1. 本

    『この1冊ですべてわかる 販促手法の基本』 2刷決定!

  2. 本

    コトラーのマーケティング・マネジメント-その1

  3. 本

    仕事をまかせるシンプルな方法

  4. 本

    月刊商業界 2010年3月号執筆

  5. 本

    『商業界』7月号特別企画 - 小さな店のブランド戦略

  6. 本

    日本印刷技術協会(JAGAT)月刊誌『プリバリ印』12月号にて連載執筆…

アーカイブ