書籍紹介 - 売る広告

本

51ETA8B4pvL__SL500_AA300_.jpg

 今日は、とっておきの書籍を紹介しよう!

 1985年に訳書が日本で出版されたが、
 ここ数年は古本であっても手に入れるのが困難であった
 30年間読み継がれている広告人のバイブルが復刊した。

 名著と評判の高い本書は、
 米国大手広告代理店のオグルヴィ & メイザーの創設者であり、
 アド・エイジ誌に
「広告界のクリエイティブ・キングとして他に比肩する人がない」
 とまで言わしめた巨人デイヴィッド・オグルヴィが
「売る広告とは何か?」をまとめたもの。

 販売力のある広告の作り方として、
 何が真実で、何が不変なのかを
 具体的な事例を交えて喝破した警世の書とも言える。

 

 また、あまり知られていないが、
 もともとブランド・イメージという問題意識は、
 オグルヴィが提唱した概念である。

 1950~60年代に競争しているブランド同士に
 本質的な違いがなくなったことを見てのことらしい。

 このような違いがなくなった時代だからこそ
 ブランド・イメージを構築するために
「どのような差異化が可能なのか?」という
 オグルヴィの見解を、圧倒的な量の事例から学ぶことができる。

 なお、私としては数ある警告のなかでも、
「広告のクリエイティブは作品ではない」というメッセージを
 広告物を芸術作品と勘違いしやすい広告クリエイターに、
 ぜひ知ってもらいたい。

 とにかく大興奮間違いなしの1冊である。
 待望の復刊を機に、ぜひ読んでみてはいかがだろうか?

 詳細、ご購入はこちら  →   http://amzn.to/bSNtIc
 

関連記事

  1. 本

    『USP(ユニーク・セリング・プロポジション)売上に直結させる絶対不変…

  2. 本

    シンプル経営の極意

  3. 本

    こう営業すれば売れるのか!

  4. 本

    第9回 東京ビジネス書出版会議のお知らせ

  5. 本

    店長のための「稼ぐスタッフ」の育て方

  6. 本

    『商業界』7月号特別企画 - 小さな店のブランド戦略

アーカイブ