山田先生より大量の献本

本

DSC02972.JPG
以前、このブログで山田理映先生が
永眠されたことをお伝えした。
先日ご焼香にお伺いした時、奥様より
「山田が持っている本、岩本さんの会社で活用できるのでれば、
好きなだけ持っていってください。」
と、大変ありがたいお言葉をいただいた。


DSC02970.JPG
「活用できる!!」と言い切ることは、難しいが
なんとか活用したいと思う。
本当であれば、全部いただきたいところだが、
さすがに、置くところがない。
ということで、選ばせていただくため
その後、弊社クリエイター4人とともに、
改めて、お伺いすることとなった。
DSC02974.JPG
脳科学、認知心理学、社会学、宗教学をはじめ、
いわゆるデザイナーとしてのアイディアを増やすための
デザインの素材集など、膨大な書籍量である。
その中から、200~300冊を私たちなりに、選ばせていただいた。
その日は、午前中から訪問したのだが、
選びながらも、たまに見入ったりしてしまう。
これでは、いくら時間があっても足りない。
たぶん夜になっても選びきれないだろう。
それでは、奥様にご迷惑をおかけしてしまう。
なので、途中で時間を区切ることにした。
DSC02971.JPG
私は、奥様に失礼ながらこんなことを質問した。
「山田先生は、これだけの本を実際に全て読んでいるのですか?」
奥様いわく
「山田は、神保町など古本屋に頻繁に出向き、
一度に4~5冊くらい買ってきます。
それから数日で、必ずこれらの本を全て目を通します。
3回以上、読んでいる本も少なくないです。」
一クリエイターが広告の効果を追求するために
これだけの知識を入れているとは…。
山田先生の脳は、気が遠くなるほどの
膨大な知識量なのであろう。
そんな山田先生とご縁をいただいて、
3年半という短い期間であったが、
様々なことをご享受いただいた。
そして、このような偉大な人が読まれていた
書籍を大量にいただけるということは、
なんてありがたいことなんだろう。
弊社の社員、スタッフにとってはもとより、
ご来社いただく方々にも、
ご覧いただき、ご活用いただけるよう、
何かしら工夫できればと考えている。

関連記事

  1. 本

    同文舘出版120周年フェア

  2. 本

    5年以内にコンサルタントで独立して成功する法

  3. 本

    商業界本誌 新連載「販促ウエポン100連発」

  4. 本

    できる人材がすぐに辞めない職場のつくり方

  5. 本

    朝1分の習慣 いつも「感じがいい」と言われる女性の話し方のルール

  6. 本

    書籍の紹介-勉強会へ行こう!

アーカイブ