購買意志決定のプロセス

ブランディングのアイキャッチ画像

「コトラーのマーケティングマネジメント」によると、
「『購買意志決定のプロセス』とは、次の5つの段階すべてを
  順に通過することになる」 とされている。

【問題認識】
『購買意志決定のプロセス』は、消費者が何らかの問題やニーズを
 認識したときに始まる。

【情報探索】
 覚醒された消費者は、情報を集めようとする。
 そのレベルが強くなると、積極的な情報探索に乗り出す。

【代替製品の評価】
 情報探索により、収集した複数の代替品の情報を比較検討し、
 その評価を行なう。

【購買決定】
 比較検討と代替品評価を重ねた結果、
 消費者は最も評価の高いものの購買を決定する。

【購買後の行動】
 購買者の満足度は、製品に対する購買者の期待と、
 知覚パフォーマンスの差によって決まる。
 パフォーマンスが期待にそぐわなければ、失望し、
 期待どおりであれば満足し、期待以上であれば喜ぶ。

 顧客がまた同じ製品を買うかどうか、そのの製品を他人に
 良く言うか悪く言うかは、この感情に大きく左右されるのだ。

 

 今号のコラムでは、この『購買意志決定のプロセス』に絡む
 ブランドの役割について触れた。

 ブランドの役割を、誤解を恐れずにひと言でお伝えするならば、
「ブランドの役割とは、購買の意志決定に必要な補完情報のことである」
 ということ。

 ブランディング=「変えない」VS「飽きる」 VOL.2
 ブランドの役割
 http://www.koukoku-ya.jp/column/

 

 

 ブランド・マネージャー認定協会主催による
 第1回公開シンポジウムを開催!

 ブランド・マネージメントの 【 型 × 実践 × 討論 】

「ブランディングの現場で起きている思考錯誤とは、
  いったいどのようなものなのか?」

 ↓詳しくはこちらから
 http://www.brand-mgr.org/symposium/

 

 

関連記事

  1. ブランディングのアイキャッチ画像

    ブランド名言集 Vol.110

  2. ブランディングのアイキャッチ画像

    ブランド名言集 Vol.47

  3. ブランディングのアイキャッチ画像

    営業職からブランド・マネージャーへ(前篇)

  4. ブランディングのアイキャッチ画像

    BM認定協会 第2回公開シンポジウム報告 Part6

  5. ブランディングのアイキャッチ画像

    アドバンスコース第2期まもなく締切

  6. ブランディングのアイキャッチ画像

    エステー宣伝部長の鹿毛氏インタビュー (後編)

アーカイブ