ブランドギャップ

本

5123wVHz7YL__SL500_AA300_.jpg

 以前、マーティ・ニューマイヤー著の
ザグを探せ! 最強のブランドをつくるために」を紹介した。

 今回紹介するのは、この前の著作である。

 タイトルにもなっている「ブランドギャップ」とは、
 著者の曰く、次の2つの間にできる溝のこと。

 分析的、理論的、直線的、数値的、言語的である左脳思考を好む
 戦略家やマーケティング担当者たちが担当する戦略やマーケティング。

 直観的、感情的、空間的、視覚的である右脳思考を好む
 デザイナーやクリエイターが主に担当するクリエイティブ。

 このように、戦略と創造力、いわばロジックとマジックの間に
 亀裂が生じるとき、「ブランドギャップ」(溝)が生じるという。

 

 このようなギャップは、企業を消費者から切り離し、
 企業と消費者との大事なコミュニケーションをはばむことになる。

 このような 「ブランドギャップ」(溝)を埋め、
 競争優位の立場を維持し、ブランディングしていくために
 習得すべきルールとして次の5つを提唱している。

 ルール1 : 差別化

 ルール2 : 協力

 ルール3 : 革新

 ルール4 : 検証

 ルール5 : 育成

 ブランディングの重要要素に焦点を当てながらも
 シンプルなイラスト、チャート、図などを用いて書かれているため、
 難解さを感じることなく読めるオススメの1冊である。

【オススメの1冊】

「ブランドギャップ」
 著 者:マーティ・ニューマイヤー
 出版社:トランスワールドジャパン
 http://bit.ly/c23E4j

 

関連記事

  1. 本

    第5回商業界チラシ・DM大賞、結果発表!

  2. 本

    メニューブック作成マニュアル

  3. 本

    名前買いとは?

  4. 本

    時間管理術の落とし穴

  5. 本

    戦略的ヘッドコピー開発術

  6. 本

    デフレ時代にひそかに売れている”教科書”ってナ…

アーカイブ