広告でいちばん大切なこと -その2

本

前回より続く
http://www.koukoku-ya.jp/blog/2008/10/post-191.php
クロード・ホプキンスは
「クーポン」、「サンプル配布」をはじめ、
「テストマーケティング」「コピーリサーチ」といった、
今では当たり前のように用いられている広告手法を
最初に編み出した広告マーケティングのパイオニア。


時代背景や経済状況も異なるため、
そのまま現代に即役立つ内容ではないかもしれないが、
1世紀前に、このような手法を編み出したのは、
当時としては画期的なことであったかと推測できる。
そして、現代の広告業界の課題を
まさに言い当てているという驚きがある。
そのことが、この書籍が1世紀を経ても
色あせていないという理由なのだろう。
私自身、もっともっと修行しなくてはならないと
襟を正される書籍。
デイヴィット・オグルビーとクロード・ホプキンスの
共通することとして、
広告人になるまでにセールスマンを経験していた。
この経験によりお二人は
「セールスマンシップ」を通じて
広告への反応を把握し効果を追及するビジネス感覚と、
それらの経験を通じて得た
消費者行動の心理に関する深い理解を
身につけたのでしょう。
プロモーションの知恵とは、
現場からしか生まれないということである。

関連記事

  1. 『ブランド・マネージャー資格試験公式テキスト』増刷!

  2. 本

    カモメになったペンギン

  3. 本

    「これからもあなたと働きたい」と言われる店長がしているシンプルな習慣

  4. 本

    セミナープロデューサー前川あゆさんの出版記念キャンペーンのお知らせ

  5. 本

    名前買いとは?

  6. 本

    “仕事で損をしない人”になるための48の行動改…

アーカイブ