繁盛店長の「気づく力」

著者仲間の松下雅憲さんの4冊目となる新刊
『繁盛店長の「気づく力」』が届きました。

松下さんは、マクドナルドで25年、
その後も10数年と長年にわたり店長育成をしながら、
店長の「あるべき姿」を追求してきました。

この書籍は、新型コロナ渦の前に書きあげていたとのことですが、
あえて書き直しをせず、長年追求し続けてきた「あるべき姿」が
根底にあります。

書籍のテーマ「気づく力」とは、
著者いわく「問題点やチャンスの芽を見極める能力のこと」ということなので、
まさに、アフターコロナ時代を、たくましく生き繁盛店としていく
店長が身につけておくべき技術なのでしょう。

おススメします。

関連記事

  1. 本

    店長の一流、二流、三流

  2. 本

    重版決定! 『驚きのレスポンス広告作成術』

  3. 本

    日本印刷技術協会(JAGAT)月刊誌『プリバリ印』2012年2月号にて…

  4. 本

    『地域ダントツ一番店がやっている「無敵」の集客術』キャンペーンのお知ら…

  5. 本

    書籍 『今は儲かっているけど、ホントは怖くてたまらない君へ』

  6. 本

    『驚きのレスポンス広告作成術』のありがたい感想に感謝!

アーカイブ