キュレーション

本

51PzrmR0hFL__SL500_AA300_.jpg

本日、中央大学大学院 戦略経営研究科 田中洋教授と
六本木ヒルズにて打ち合わせをさせていただきました。

公開シンポジウム、ブランドセッションなど、
(財)ブランド・マネージャー認定協会の今年の活動内容を顧問である
田中教授にいろいろと相談させていただきました。

また、先生の最近の監訳本である「キュレーション」の話しも伺いました。
インターネット普及の副産物として生じた、
情報の氾濫のなかで、注目されているのが「キュレーター」の存在。

マーケッターをはじめ、経営者層には知っておくべき知識の1つでしょう。

キュレーション 収集し、選別し、編集し、共有する技術』(プレジデント社)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4833419874/koteikyakuka-22/

それとは別に興味深い話しも伺いました。
「ブランディングされた麻薬」の話しです。
(もちろん私も田中先生も麻薬をやっているということではありません)

こちらの内容も、1つのメタファーとして受け止めると、
ブランド戦略として興味深い知見が含まれています。

編集してメールマガジン「ブランド脳のススメ」の特集欄で次号または、
その次の号あたりに記載する予定です。お楽しみに!

メールマガジン「ブランド脳のススメ」
登録はこちらから → http://www.brand-mgr.org/mail_new/

 

関連記事

  1. 本

    できる人材がすぐに辞めない職場のつくり方

  2. 本

    ことばに感じる女たち

  3. 本

    月刊商業界11月号エッセイ掲載

  4. 本

    ヤフーニュースに掲載!

  5. 本

    書籍の紹介-勉強会へ行こう!

  6. 本

    処女作 『驚きのレスポンス広告作成術』 表紙デザイン

アーカイブ