ブランディング応用

科学的にブランディングを考察する ロジカルシンキングを用いたブランディング戦略

投稿日:

ブランドにはさまざまなものが存在していますが、簡単に整理すると、基本的には2つのものがあると考えられます。

それは、

  • ①これから新しく作り上げるブランド
  • ②既存のブランド

の2種類です。

これらを定義していくにあたり、ブランディング(ブランド戦略)を行う場合、複数の選択肢があるかと思いますが、選択肢が多すぎるがゆえに、どれが最も正しい選択肢なのか、悩みが尽きないところだと思います。

そこで、ロジカルシンキングを用いて、できるだけ科学的にブランディング(ブランド戦略)を設定してみようというのが、本稿の目的です。

まず、「科学的」の概念ですが、これは、論証可能であるということを意味しています。そして、論証可能であるかを説明するためには、下記の2つの手法を用いて行うことが一般的です。

それは、

  • A.演繹法
  • B.帰納法

の2種類です。

Aの演繹法ですが、これは世の中にある森羅万象を基に、さまざまな事象や複数の事実・事情などを踏まえ、最も正しいと推定される結論を導いていく方法です。

具体的な使用方法としては、下記のようなやり方です。

命題:新機軸の何か新しい化粧品が作れないか?

  1. 正規・非正規による多様化した雇用形態が進んでいる
  2. 現在は、スメハラや加齢臭などに敏感な社会である
  3. お洒落に気遣いをする男性が増えている

結論:防臭効果のある、男性向け商品を開発しよう!

これは、あくまでもわかりやすく単純化したものですが、実際には複数のデータやSWOT分析、ブレインストーミングなども用いて、状況を洗い出していくことが大切です。複数の事実に対して新しい定義を発案して、結論を作り上げていくというプロセスになるため、前述の「①これから新しく作り上げるブランド」のブランディング(ブランド戦略)について考察することに向いている思考方法です。

Bの帰納法ですが、これは、あらかじめ、ある程度の結論が決まっており、それを導き出すための論拠を模索し、仮設を検証していくという思考法です。そのため、前述の演繹法とは逆の発想になります。

具体的な使用方法としては、下記のようなやり方です。

命題:今回新たに化粧品を開発する理由を、具体的に提示してほしい

  1. 正規・非正規による多様化した雇用形態が存在している
  2. 現在は、スメハラや加齢臭などに敏感な社会となってきている
  3. お洒落に気遣いをする男性が増えてきているというデータがある

結論:既存ブランドの追加アイテムとして、防臭効果のある男性向け商品を開発するべきである

こちらも、演繹法同様に、あくまでもわかりやすく単純化したものですが、結論が正しいという論理的な補強を行うべく、複数の事実を検証していくというプロセスになるため、やや保守的な商品の開発に向いています。そのため、前述の「②既存のブランド」のブランディングについて考察することに向いている思考方法です。

帰納法が既存ブランドに向いている理由としては、既に一定の顧客を確保しており、多くの支持者がいるなかで、商品コンセプトを大きく変更した場合、既存顧客の大量離反が発生する可能性があるためです。そのため、既存ブランドで既に確定しているブランド・アイデンティティ(≒ブランド・コンセプト)から大きく外れないために、結論に対して事前に一定の制限を加えておく必要があります。帰納法はあらかじめ結論を決めておけるため、このような対処を行うことが容易となります。

しかし、このようなときに、もしも演繹法を使用していた場合には、結論が決まっていないため、想定していたブランド・アイデンティティから大きく外れた結論が出てしまい、既存ブランドとは相いれないブランド戦略が選択されてしまう恐れがあります。

逆に、新商品を開発したいときに帰納法を使用していた場合には、あらかじめ思考について制限が加えられてしまうため、画期的な商品開発や斬新なブランド戦略は発案されにくくなります。

このように、自社のブランディング(ブランド戦略)に対してどのような思考方法を用いれば、比較的対応がしやすいかを検討しておくことは、決してムダではないといえるのではないでしょうか。

 

武川 憲(たけかわ けん)執筆
一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会 シニアコンサルタント・認定トレーナー
株式会社イズアソシエイツ シニアコンサルタント
MBA:修士(経営管理)、経営士、特許庁・INPIT認定ブランド専門家(全国)
嘉悦大学 外部講師

経営戦略の組み立てを軸とした経営企画や新規事業開発、ビジネス・モデル開発に長年従事。国内外20強のブランド・マネジメントやライセンス事業に携わってきた。現在、嘉悦大学大学院(ビジネス創造研究科)博士後期課程在学中で、実務家と学生2足のわらじで活躍。
https://www.is-assoc.co.jp/branding_column/

-ブランディング応用

関連記事

景気後退時のブランド戦略 企業の未来を守る経営戦略とは

アベノミクスによる景気拡大が続いてきた日本経済ですが、再び暗雲が立ち込める事態が発生してきています。 景気悪化の公算大 専門家「間違いなく下方修正される」 景気動向指数の基調判断が、およそ6年ぶりに「 …

syouhyou

ブランド戦略に欠かせない商標権の基本を知ろう!

オリンピックのエンブレムに始まり、動物園のロゴ・・・。今世間を賑わしているデザインの盗用問題。デザインそのものを守ってくれるのが「著作権」という知的財産権です。商品の形などのデザインを保護するのは「意 …

MBAホルダーとコンサルタントの思考法と問題解決手法の違い これらを有効に機能させるために必要な見極めは

業績が堅調な各企業において、新規事業の立ち上げや業務改革に伴うコンサルティング会社の利用機会が増加し、コンサルティング会社の業績も好調となっています。 【業界研究】コンサルティング業界の現状・動向・課 …

たんと

売上が7年連続アップ!地元に愛されるお店づくりのポイントとは?

(出典:http://www.tanto-otabe.com/) どこの地域でも地元の人たちに愛されているお店はありますが、「昔からあるお店だから」という理由だけで繁盛しているわけではありません。そこ …

4p

成功例でわかる!マーケティングミックス(4P/4C)とは

マーケティングを行う際の最も基本的な戦略として、マーケティングミックスという考え方が1960年代に登場しました。マーケティングミックスとは、製品・サービスを売るための、マーケティング要素の組み合わせ( …

ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
2月 9, 2018 に投稿された
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
2月 15, 2016 に投稿された
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
アンゾフのマトリクスとは? 富士フイルムの事例に学ぶ
7月 4, 2018 に投稿された
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
5月 23, 2018 に投稿された
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
1月 17, 2018 に投稿された
サービスの質も向上! 従業員が自ら動くようになる「インターナルブランディング」とは?
「ブランドM&Aはなぜ起るのか」など、記事一覧はこちら
中央大学ビジネススクール教授 田中洋
【特別寄稿】ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?
ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?

株式会社JOYWOW代表取締役会長
阪本啓一

【特別寄稿】企業に求められる「情緒的価値」とは?
今企業に求められる「情緒的価値」とは?
株式会社イズアソシエイツ代表 岩本俊幸