ブララボの目

桜のジャージーのサプライヤー、‟3羽の鳥”はどんなブランド?

投稿日:2019年10月4日 更新日:

ラグビー・ワールドカップ(W杯)の日本代表のジャージーは白地に赤いラインの入った日の丸カラー。ファンがレプリカを着て観戦するのを心待ちにする一方、競技に縁のない人からは「ちょっと派手」と敬遠する声も聞こえる。前回大会は、日本の躍進に伴い関連商品が売り切れた。20日に始まる自国開催のW杯、ジャージーの人気はどこまで広がるのか。

日本代表にウエアを提供するスポーツ用品メーカー「カンタベリーオブニュージーランドジャパン」(東京都新宿区)がジャージーのレプリカを販売する。代表が着用するものと同じデザインで、大会ロゴや桜のエンブレムもあしらわれる。

W杯モデルは1万800円(税別)で、キッズ用は5300円(同)。各地のカンタベリーショップなどで計約20万枚の販売を予定している。カンタベリーによると売れ行きは「予想以上」で、既に10万枚近く売れたとみられる。

日本経済新聞 2019/9/17
着る!派手? ラグビーW杯、ジャージー人気広がるか


いよいよ開幕したラグビー・ワールドカップ日本大会。男たちの手に汗握る熱い戦いの一方で、当『ブランディングラボ』編集部としては見逃せないのが各国選手がまとう色鮮やかなユニフォームのサプライヤーだ。

‟オールブラックス”ことニュージーランド代表の「アディダス」、アルゼンチン代表の「ナイキ」、南アフリカ代表の「アシックス」といったおなじみのブランドとは別に、ラグビーの場合は普段見慣れないロゴマークが目立つ。

その代表的なものが「3羽の鳥(キーウィ)」のマークで知られる「カンタベリーオブニュージーランド」。カンタベリー社の創業は1800年代にまでさかのぼり、1925年から75年にわたりニュージーランド代表のユニフォームを提供し続けるなどラグビーとは長い歴史を共有する老舗中の老舗。今大会では我らが日本代表や強豪アイルランド代表など参加20国中7か国のユニフォームを提供しており、その認知はこれまで以上に高まりそうだ。

 

BRANDINGLAB編集部 執筆
株式会社イズアソシエイツ

-ブララボの目

関連記事

御朱印に続く、新たな歴史ブーム。御城印の世界

岐阜県土岐市妻木町の町民らでつくる「妻木城址(し)の会」(黒田正直会長)は、妻木城跡(同町)の「御城印」を作り、1日から授与を始めた。妻木城は土岐明智氏とつながりのある妻木氏が戦国時代に築いたとされる …

何が足りない? 魅力度44位「栃木県」

県の2019年度初めての「とちぎブランド力向上会議」が宇都宮市の県公館で開かれ、県が課題と位置付ける関西圏での情報発信などをめぐり、外部有識者らが意見を交わした。「食」にテーマを絞り込んだPRや、地道 …

「BALMUDA(バルミューダ)」がつくる新しい家電のカタチ

高級トースター「ザ・トースター」など、個性的でデザイン性の高い白物家電を次々に発表する家電メーカーとして、量販店の家電売り場でも一目置かれる存在になったバルミューダ。 積極的な海外展開を進めた結果、い …

「737MAX」の失墜で、ボーイングは何を失ったのか?

米航空機大手ボーイングが24日発表した2019年4~6月期決算は、最終損益が29億4200万ドル(約3100億円)の赤字だった。新型機「737MAX」の墜落事故による出荷停止などで売上高が35%減少し …

「◯活」ブームが市場を喚起!イトーヨーカ堂のランドセルは約200種類

イトーヨーカ堂は22日、2020年に小学校に入学する子供向けのランドセルのテレビCM発表会を東京都内で開いた。20年度からは小学校でプログラミング教育が必修になることから、タブレット端末を収納できるラ …

サイト内検索

ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
2月 9, 2018 に投稿された
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
マクドナルドとモスバーガーの比較から見るブランドにおけるポジショニングとは?
12月 28, 2015 に投稿された
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
2月 15, 2016 に投稿された
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト
無印良品の「これでいい」ブランドコンセプト
4月 18, 2018 に投稿された
ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは?
ペルソナ設定〜Soup Stock Tokyoの「秋野つゆ」の成功事例からみるペルソナの作り方とは?
2月 1, 2016 に投稿された