一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会

ブランディングに実践の『型』を取り入れた日本で最初の専門機関

企業の経営層の皆さまへ
−価格競争から抜け出す企業のブランド構築手法を学ぶ

企業経営には、悩みがつきものです。
「市場の価格競争に巻き込まれている」「大手競合が近くに進出してきた」といった外部環境の課題。
「経営理念や想いが末端まで浸透していない」「組織のコミュニケーション不全」といった
社内に起因した課題。多くの企業がこのような様々な課題に直面していることでしょう。

これらの課題解決方法は、それぞれにあるはずですが、特効薬の1つをご紹介します。
以前より日本企業では、「職場の連帯感」「社員の活性化」を図ることを目的に、
企業競争力の源泉である「人」に対し、
能力や可能性が最大限発揮できるよう組織活性化施策を実施してきました。
このような社内コミュニケーションは、ブランド構築や、
ブランドイメージ低下のリスクの未然防止などの観点から、
インターナルブランディングと言われています。
いわゆる一般的な顧客向けのブランディングを、エクスターナルブランディングと言いますが、
このエクスターナルブランディングだけでは、品質問題の発生、顧客からの問い合わせの対応、
店員の接客対応などによるブランド毀損を防止することはできません。

企業のブランド構築を成功させるためには、外向けのブランド構築だけでなく、
内向きのブランド構築であるインターナルブランディングと連動させるべきなのです。

この外と内の両輪に働きかけるブランディングを多くの知見と実績から再現性を見出し
『チームブランディング®PGM』というメソッドとして体系化しました。

本セミナーでは、この体系化したメソッド『チームブランディング®PGM』とは、
「いったい何をすることなのか?」「どのようなステップで構築するのか?」
「その際に気を付けるべきことは何か?」という問いに、事例を交えてお伝えします。
特に経営層、経営幹部の方々にとっては、新たな視界が切り開ける機会となるでしょう。

講師プロフィール

大手印刷会社セールスプロモーション部、コンサルティング会社を経て、マーケティング企画・販促企画・商品企画・市場導入調査の他、企業・事業ブランディングに携わる。一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会における標準化されたブランド構築の「型」を使い、難しいブランド戦略立案をわかりやすく可視化し、それを社内外へ浸透させるまでたどりつくことができる革新的プログラムの普及に務める。仕事のスタイルは、「現状調査、ブランドアイデンティティの発見と確立、ブランドの可視化、ブランドの外向け発信、内向け発信まで一気通貫プログラムの提案」。ブランディングに悩める企業のお役に立てることを現在のビジネスワークとしている。女性ならではの視点を活かした健康・環境・美容・癒し分野を得意とする。

賞・発表・執筆など

  • 日本DM大賞入選
  • ブランド・マネージャー認定協会 第2回シンポジウムにてブランディング成功事例温泉旅館ブランディング発表
  • 月刊商業界 ブランディングステップ寄稿
  • 共著『この1冊ですべてわかる 販促手法の基本』(日本実業出版社)
  • 共著 『社員をホンキにさせるブランド構築法』(同文舘出版)

『チームブランディング®PGM』セミナーへ
申し込む

下記を入力してお申し込みください。
※お申し込み後、担当者よりお支払いなどご案内のメールをお送りさせていただきます。

お名前
社名
役職
メールアドレス
電話番号
※ハイフンは不要です
受講日
 

備考欄
(C) 2008 Association for the Certification of Brand Managers Japan