ブランディング応用

下町ロケット2の世界は実現するのか IT×農業(スマート農業)による 農業での働き方改革

投稿日:

中小製造業メーカーを舞台にした下町ロケットは、根強い人気を誇っています。2018年~2019年にかけての放送でも、高い視聴率をキープしました。この作品の中で話題となったのが、農業のハイテク化です。今回はこの農業のハイテク化「スマート農業」について、世の中の流れを追ってみたいと思います。

日本の農林水産省でも、“スマート農業”としてプロジェクトを発動させています。

スマート農業
ロボット技術やICTを活用して超省力・高品質生産を実現する新たな農業を実現
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/smart/

農林水産省 ホームページ

また、各種シンクタンクでも、スマート農業の市場規模が今後は増加していく見込みであると発表しています。

スマート農業市場は拡大、2025年には123億円の予測
人手不足問題を抱える農業分野で期待がかかる、農業用ドローンや農業用ロボットをはじめ、センシング・制御・ネットワーク技術やAI、画像解析などのスマート農業関連の調査を株式会社富士経済が実施した。
https://agrijournal.jp/aj-market/39409/

アグリジャーナル 2018年5月28日

スマート農業の本格的な普及に期待
~農業データ連携基盤(WAGRI)の本格運用や、4機体制になる準天頂衛星システム「みちびき」のサービス開始が契機に~
スマート農業の国内市場規模は2024年度には387億円まで拡大すると予測する。
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2026

矢野経済研究所 2018年11月6日

このように徐々に熱さを増しているスマート農業ですが、現時点では市場占有率の高い特定の企業が見受けられない状況です。これは、まだまだ市場希望が小さいこともあり、クボタ・富士通など大企業でも一部でしか参入しておらず、競争が本格化していないということも関係しているのかもしれません。

ただ、このような状況は中小企業やスタートアップベンチャーにとっては逆にチャンスともいえます。市場が小さいうちに先行投資をして技術と経験を蓄積することで、「元祖」「老舗」という、実績に基づく企業ブランドを手にすることができるからです。そのように考えると、ブランディングの効果は、一般社会での知名度が低い新興企業にこそあるのかもしれません。

一例の企業として、セラクというITシステム開発企業があります。基本的にシステム開発のBtoB企業であるため、東証1部上場企業ですが、世間一般ではあまり知名度はないかもしれません。しかし、「みどりクラウド」という、スマート農業の中では有名なサービスを開発・展開をしている企業です。

みどりクラウド
https://info.midori-cloud.net/

株式会社セラク ホームページ

この企業も、IRのセグメント実績では、スマート農業部門はまだ赤字となっています。しかしながら、先行投資を重ねて実績を作っていることで、メディアで取り上げられることも増加しており、その結果、各地方自治体とのコラボレーションも進行しています。今後、企業としてのブランディングを重点的に行い、農業関係者に対するイメージの浸透化が図れれば、他のIT企業との差別化ができ、業績が伸びていく可能性が高まります。

また、日本の国策としてスマート農業を推奨しているということもあり、株式市場でも国策銘柄として、株価も期待値が高めで推移しやすい傾向があります。今後の東証での市場改革により、上場企業の時価総額が重視されることになると、この点でのメリットも高まります。

農業は作業的にも、利害関係者の調整でも、共に泥臭い努力が必要となる、大変な業界です。そんな業界を、スマート農業で効率化して労働時間を削減し、コスト削減で可処分所得を増やし、結果として農業の世界でも働き方改革が実現できれば、理想の展開となるでしょう。今後のスマート農業の一層の進展に、是非とも期待したいものです。

 

武川 憲(たけかわ けん)執筆
一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会 シニアコンサルタント・認定トレーナー
株式会社イズアソシエイツ シニアコンサルタント
MBA:修士(経営管理)、経営士、特許庁・INPIT認定ブランド専門家(全国)
嘉悦大学 外部講師

経営戦略の組み立てを軸とした経営企画や新規事業開発、ビジネス・モデル開発に長年従事。国内外20強のブランド・マネジメントやライセンス事業に携わってきた。現在、嘉悦大学大学院(ビジネス創造研究科)博士後期課程在学中で、実務家と学生2足のわらじで活躍。
https://www.is-assoc.co.jp/branding_column/

-ブランディング応用

関連記事

スチュワードシップ・コードと決算発表 コーポレート・ガバナンスにおける次年度業績見込みの開示方法を考察する

東証が、コーポレート・ガバナンスについての分析結果を発表しました。 東証、「コーポレート・ガバナンス白書2019」を公開…上場企業3594社のデータを分析 https://gamebiz.jp/?p= …

会計不祥事を起こした企業の存続をかけた復活劇 企業ブランド価値再生

上場企業の会計不正にまつわる、2018年度の調査結果が発表となりました。 2018年度全上場企業「不適切な会計・経理の開示企業」調査 2018年度(2018年4月-2019年3月)に「不適切な会計・経 …

スターバックスとエシカルブランディング プレミアムラインの論拠と証明

スターバックスが1995年に日本に進出して、24年が経ちます。その間、日本のコーヒー文化は大きく変化しました。競合企業のタリーズコーヒーは1997年に運営を開始し、元来日本で喫茶店を展開していたドトー …

採用ブランディングのターゲット設定と3C分析

採用ブランディングについて その2 まずは採用ターゲットを明確に 採用ブランディングにおける重要な第一歩は「自社に必要な人材を明確に絞ること」です。人材を確保したいと願いながら、ターゲットを絞ってしま …

ファイナンスとブランド戦略指標 ファイナンス理論を用いて、企業のブランドストーリーを展開する

企業の業績を推し量る指標として、ファイナンスのKPIを用いる機会が増えてきています。これにより、経営者による決算発表や有価証券報告書にも、ROEやROAなどの目標となる指標を明記する企業が多くなってい …

ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
ファイブフォース分析とは!?〜マクドナルドを例に解説〜
2月 9, 2018 に投稿された
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
「オンデーズ」はメガネ業界のZARAとなるか? 〜JINSとは一線を画すファッション路線〜
5月 23, 2018 に投稿された
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
【誰にでもわかる!?】スターバックスから学ぶ3C分析
2月 15, 2016 に投稿された
成功例でわかる!マーケティングミックス(4P/4C)とは
成功例でわかる!マーケティングミックス(4P/4C)とは
3月 16, 2016 に投稿された
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
スターバックスの4P/4C戦略【立地戦略・プロモーション戦略編】
1月 17, 2018 に投稿された
サービスの質も向上! 従業員が自ら動くようになる「インターナルブランディング」とは?
「ブランドM&Aはなぜ起るのか」など、記事一覧はこちら
中央大学ビジネススクール教授 田中洋
【特別寄稿】ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?
ブランド力を最大限に引き出す!世界観のあるブランドが持つ強みとは?

株式会社JOYWOW代表取締役会長
阪本啓一

【特別寄稿】企業に求められる「情緒的価値」とは?
今企業に求められる「情緒的価値」とは?
株式会社イズアソシエイツ代表 岩本俊幸